カフェモンマルトル

text:高野雲

*

コルトレーンとマッコイ、車の故障が結びつけた縁

      2017/08/13

ジョン・コルトレーン黄金のカルテットの一翼を担ったピアニストのマッコイ・タイナー。

この2人が出会ったきっかけは?

コルトレーンとタイナーの出会いは、じつは車の故障が引き金となっている。

ベニー・ゴルソンとアート・ファーマーが結成する「ジャズテット」のメンバーとして選ばれたマッコイ・タイナーは、故郷のフィラデルフィアから車でマンハッタンに向かっていた。

ところが、車がニューヨークの手前で故障してしまった。

タイナーはゴルソンに電話をかけた。迎えに来て欲しい、と。

しかし、ゴルソンは仕事のため迎えに行くことができないので、後輩のコルトレーンに迎えを頼んだのだ。

迎えに行ったコルトレーンとタイナーは意気投合。

すっかり仲良しになり、1年後、コルトレーンはマイルス・デイヴィスから独立してバンドを結成する際、ピアニストとしてマッコイに声をかけたのだ。

ジャズテットをやめる際、なかなかそのことを切り出せなかったマッコイだが、コルトレーンがゴルソンを説得してくれたおかげで、ゴルソンは快諾。しかもドラマーにエルヴィン・ジョーンズを推薦までしたという。

コルトレーン黄金のカルテット誕生は、ゴルソンの貢献なしには語れないのだ。

▼ゴルソンの後ろのピアノに座るのがタイナー。僅か1年で退団。
Meet the JazztetMeet the Jazztet

記:2015/12/17

 - ジャズ , ,