トリビュート・トゥ・セロニアス・モンク

      2017/05/21

Pocket

tribute to thelonious monk

ハル・ウィルナーによるセロニアス・モンクへのトリビュート作『ザッツ・ザ・ウェイ・アイ・フィール/トリビュート・トゥ・セロニアス・モンク』。

このアルバムは、ジャズマンと、ジャズ以外のフィールドのミュージシャンたちが、モンクの曲を自由に取り上げた作品集だ。

モンクのリーダー作ではないし、もちろんモンクは参加していない。

しかし、濃厚にモンクを感じることの出来るモンク作品集だ。

有名どころの参加ミュージシャンだけでも、
ドナルド・フェイゲン、
ドクター・ジョン、
トッド・ラングレン、
ジョー・ジャクソン、
スティーヴ・カーン、
スティーヴ・レイシー、
ランディ・ウェストン、
ギル・エヴァンス、
バリー・ハリス、
チャーリー・ラウズ……

とにかく、あらゆる個性を持ったミュージシャンたちがモンクを自分スタイルで取り上げることによって、かえってモンクの音楽の懐の深さと、自由さが浮き彫りになるという構造。

そして、面白いことに、どんなミュージシャンがどんな味付けを施そうが、最終的にはモンクのテイストは失われていないということ。

モンクを聴いてモンクの世界を理解するだけでなく、外側の世界から、つまりモンクを取り上げたミュージシャンたちの表現に触れることによって、モンクの世界を理解できるという優れた企画のアルバムなのだ。

とにかく演奏は多種多様。

なのに、基本的には強烈なモンク色は失われていないので、奇妙な統一感がある。

個人的には、トッド・ラングレンのおもちゃ箱をひっくり返したように賑やかで楽しい《フォー・イン・ワン》がお気に入り。

思いっきりチープかつ一世代前のゲーム音楽寸前のキッチュなサウンドが、これほどモンクの曲と違和感なくマッチするとは、意外そうでいて、よく聴くと“モンクの曲なんだから、それぐらい当り前”という気分にもなってくるのだから面白い。

スティーヴ・レイシーとエルヴィン・ジョーンズのデュオによる《エヴィデンス》も思わず聴き入ってしまう。

デュオといえば、スティーヴ・カーンとドナルド・フェイゲンの織り成す世界も美しい、の一言。

ほか、ランディ・ウェストンのアフリカ的荘厳さがそのまま生きた《ファンクショネル》のピアノソロ、ドクター・ジョンのR&B風ピアノも、モンクの作り出した曲の世界は、ミュージシャンのスタイルや音楽性、さらにはジャンルを越えてもしっくりとマッチすることを証明している。

ある意味“「超」モンク入門”といえるだろう。

モンク未聴の入門者は、まずこの楽しいアルバムを聴き、外堀を埋めてから、モンクの世界に入ってゆくのも悪くない。

なお、レコードとCDでは収録曲数が違うので要注意。

LPでは2枚組、CDは1枚で発売されているが、CDのほうが曲数カットされている。完全な形でのCDの再発を望む。

ちなみに、CD化の際にカットされている曲は、以下の7曲。
曲名と参加ミュージシャンを列記しておく。

《Friday The Thirteenth》
 Bobby McFerrin,Bob Dorough (vo)
 Dave Samuels (vibes, marimba,per)

《Gallop's Gallop》
 Steve Lacey (ss)

《Bye-Ya》
 Steve Slagle (as)
 Dr.John (p)
 Steve Swallow (el-b)
 Ed Blackwell (ds)

《Shuffle Boil》
 John Zorn (game calls, as, cl)
 Arto Lindsay (g,vo)
 Wayne Horvitz (p,org,celeste,electronics)
 M. E. Miller (ds, timpani)

《In Walked Bud》
 Roswell Rudd (tb)
 Pat Patrick (as)
 Terry Adams (p)
 John Ore (b)
 Frankie Dunlop (ds)

《Criss Cross》
 Arranged and performed by Shockabilly
 Eugene Chadbourne (g,el-g)
 Mark Kramer (p,arg,el-g,alto tb)
 Dad's clocks (tapes)
 David Licht (ds, per)

《Jackie-Ing》
 Mark Bingham (g,arr)
 Brenden Harkein,John Scofield (g)
 Steve Swallow (b)
 Joey Barron (ds)
 David Buck (tp)
 Don Davis (cl)
 Mars Williams (cl,ts)
 Ralph Carney (bass sax,whistle)

あのミュージシャンが、モンクのこんな曲を!

最初は意外、聴いてビックリ、やがて納得。「音のビックリ箱」と同時に「音の納得箱」がこのアルバムの素晴らしいところなのだ。

記:2010/01/18

album data

THAT'S THE WAY I FEEL NOW A TRIBUTE TO THELONIOUS MONK (A&M)

1.Thelonious (Bruce Fowler)
2.Little Rootie Tootie (NRBQ and the Whole Wheat Horns)
3.Reflections (Donald Fagen and Stave Khan)
4.Blue Monk (Dr. John)
5.Ask Me now (Steve Lacy and Charlie Rouse)
6.Brilliant Corners (Mark Bingham)
7.Monk's Mood (Sharon Freeman)
8.Pannonica (Barry Harris)
9.Ba-Lue-Bolivar-Ba-Lues-Are (Was not Was)
10.Four in One (Todd Rundgren and Gary Windo)
11.'Round Midnight (Joe Jackson)
12.Evidence (Steve Lacy and Elvin Jones)
13.Work (Chris Spedding and Peter Flampton)
14.Functional (Randy Weston)
15.Misterioso (The Carla Bley Band with Johnny Griffin)
16.Bemsha Swing (Steve LAcy and Gil Evans)

#1 Thelonious
Bruce Fowler (arr)
Bruce Fowler (tb)
Phil Teele (bass tb)
Tom Fowler (b)
Chester Thompson (ds)

#2 Little Rootie Tootie
Performed by NRBQ and the Whole Wheat Horns
Al Anderson (g)
Terry Adams (p)
Joseph Spampinato (b)
Tom Ardolino (ds)
Donn Adams (tb)
Keith Spring (ts)

#3 Reflections
Steve Kahn (g)
Donald Fagen (synthesizers)

#4 Blue Monk
Dr.John (p)

#5 Ask Me Now
Steve Lacey (ss)
Charlie Rouse (ts)

#6 Brilliant Corners
Mark Bingham (g,arr)
Brenden Harkein,John Scofield (g)
Steve Swallow (b)
Joey Barron (ds)

#7 Monk's Mood
Sharon Freeman (frh,celeste,arr)
Willie Ruff (solo frh)
Vincent Chancey,Bill Warnick,Gregory Williams (frh)
Kenneth Barron (p)
Buster Williams (b)
Victor Lewis (ds,per)

#8 Pannonica
Barry Harris (tack piano)

#9 Ba-Lue-Bolivar-Ba-Lues-Are
Was (Not Was)
David Was (fl)
Don Was (g,syn,horn arrangement)
Sheila Jordan (vo)
Marcus Belgrave (tp)
Jervonny Collier (tb)
David McMurray (as)
Michael Ward (ts)
Larry Fratangelo (per)
Sweet Pea Atkinson,Harry Bowens,Carol Hall,Donald Ray Mitchell (background vo)

#10 Four In One
Todd Rundgren (syn,key, g,drum machines)
Gary Windo (as)

#11 'Round Midnight
Arranged by Joe Jacckson
Joe Jackson (p)
Sharon Freeman (cond)
Jerry Little (concertmaster)
Melanie Baker,Sandra Billingsles,Karen Gilbert,Cheryl Hong,Stan Hunt (vln)
Crystal Garner,Maxine Roach (viola)
Muneer Abdul Fatah,Enrique Orango (cello)
Lawrence Feldman,Steve Slagle (cl)
Ken McIntyre (bcl)
Bob Cranshaw (b)
Buddy Williams (ds)

#12 Evidence
Steve Lacey (ss)
Elvin Jones (ds)

#13 Work
Chris Spedding (g,arr,concept)
Peter Frampton (g)
Marcus Miller (b)
Anton Fig (ds)

#14 Functional
Randy Weston (p,arr)

#15 Misterioso
Arranged by Carla Bley
Performed by The Carla Bley Bandwith special guest
Johnny Griffin (ts)
Carla Bley (org)
Mike Mantler (tp)
Gary Valente (tb)
Vincent Chancey (frh)
Bob Stewart (tub)
Steve Slagle (as,bs)
Hiram Bullock (g)
Kenny Kirkland (p)
Steve Swallow (el-b)
Victor Lewis (ds)
Manolo Badrena (per)
special effects Hal Willner: the voice of death

#16 Bemsha Swing
Steve Lacey (ss)
Gil Evans (el-p,p)

1984年

That's the Way I Feel Now: A Tribute to Thelonious Monk

 - ジャズ , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。