カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

スローな《ホワイ・ワズ・アイ・ボーン?》にうっとり

      2017/05/21

Pocket

senkouhanabi

《ホワイ・ワズ・アイ・ボーン?》というスタンダードナンバーが好きだ。

『4,5&6』のジャッキー・マクリーンの名演で虜になった。

最近では、ソニー・ロリンズもアルバムでレコーディングをしている上に、ライブでも取り上げている。
ロリンズに関しては、このナンバーは、最近の代表レパートリーと言っても良いんじゃないかと思う。

長尺演奏になっても飽きない曲の構造だし、現在のロリンズの音色やプレイスタイルにピッタリとハマる曲想だと思うのだ。

とにかく、気合一発、男の咆哮。
細かいことにいちいちウジウジすんなよ!という元気な70過ぎのオヤジからのエールに聴こえるのだ。

ライブで盛り上がるロリンズのレパートリーといえば、一昔前はカリプソリズムの《ドント・ストップ・ザ・カーニヴァル》が代表的だったが、この4ビートの名曲も現在のロリンズをのステージを彩るナンバーになったようだ。

タイトルに反するかのように明るく前向きな突き抜けるようなメロディ。
この旋律を浴びると勇気すら芽生えてくるほどだ。

そういえば、先日、ジミー・スミスの『ミッドナイト・スペシャル』を聴いて、ギョッとなった。

ジミー・スミスも演奏していたのね、気付かなかった。

しかも、物凄いスローテンポで気だるく。
だから気付かなかったのかもしれない。

これぐらいのスローで演奏されると、また違った趣きが漂っていて良い。

晴れ渡った秋の空に響きわたるマクリーンやロリンズのサックスも捨てがたいが、薄暗く紫煙の漂う地下のクラブで聴くような、スローで和みの旋律も捨てがたい。

まさに真夜中に味わうスペシャルな演奏だ。

とにもかくにも、これは《ホワイ・ワズ・アイ・ボーン?》が名曲ゆえだからだ。

速めのテンポでも、遅めのテンポでも、どちらも染みてくる。

記:2005/09/03

 - ジャズ , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。