カフェモンマルトル

text:高野雲

*

ラヴセクシー/プリンス

      2015/05/30

Pocket

LOVESEXYLOVESEXY

絢爛、豪華、猥雑、ポップ……。

これらの要素が混在し、艶やかかつセクシーなサウンドが洪水となって、こちらの内なる快楽を呼び覚ます。

発売当時は、まだ渋谷の宇田川町にあったタワーレコードの2Fの入り口付近に、このLPのジャケットが、ドーン!と何面もディスプレイされていて度肝を抜かれた。

さらにCDを買って再生しようとすると、1曲分しか表示されない。

つまり、アルバム全編をとおして、ヒトカタマリで聴いてくれってことね。

飛ばし聴きするの面倒だなぁと思った記憶がある。

特に、当時流行りかけていた《グラム・スラム》を早送りしないと聴けないなんて、面倒だな~と。

しかし、それは杞憂だった。

アルバムの最初から最後まで、片時も退屈させないプリンスのあっけらかんなサービス旺盛精神。

これが、いまのボク全部です!とばかりに、サウンドもジャケットも全裸の出血大サービス。

プリンスの諸作の中では、もっとも再生回数の多いCDかもしれない。

記:2002/01/12

 - 音楽 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。