モンクの後はミッチーが効く

      2017/05/22

Pocket

モンクの鑑賞会、無事終了!

昨日、代々木の「ななかまど」で「音聴き会」を行いました。

いらしていただいた皆さん、ありがとうございました!

で、テーマはモンクなんですが、あ、セロニアス・モンクね、この人の特集をするにあたり、家にあるモンクのCD、約50枚ほど聴き直していたのですよ、正月から。

私、モンク、大好きなのですね。

昔はモンクのページを作っていたぐらいですから。

しかし、さすがに、3日も4日もモンクを聞き続けていると、ちょっとだけだけど、頭の中がカキンコキン状態になってしまう。

もちろん、他の音楽も間に挟んで聴いてはいたんですけどね。

ま、それぐらいモンクを沢山聴いて、選曲をして、音聴き会に臨んだわけであります。



sponsored link



biceがかかる

そして、無事終了。
打ち上げも無事終了。

帰りの電車でiPodのシャッフルを押して最初にかかったのが、bice(ビーチェ)。

私、彼女のウィスパーヴォーカル、けっこう好きなんですよ。

カヒミ・カリィも嫌いじゃないけど、彼女より芯のあるフワフワさ。
プラス透明感。

《Walking In Tha Rain》。

《The Girl In The Letters》。

うーん、染みるねぇ。

バラ色の人生

で、なぜかミッチーを聴きたくなったので、《バラ色の人生》をかける(笑)。

うーん、超ロマンティック!
コキンカキンで多少こった肩がほぐれます。

んでもって、次にかかった山下達郎の《ビッグウェーヴ》やシュガーベイブの大貫妙子の声も染みます。

あ、もちろん、私、モンクがイヤになったわけではないです。

先述したように、エリック・ドルフィーとともに大好きなミュージシャンなのですから。

ただ、大音量でモンクを3時間かけ続け、なおかつ解説し、しかも、その日の準備のために何十時間もモンクを聴き続けると、さすがに大好きな蕎麦でもわんこそばは130杯以上は食べられません!状態になるじゃないですか(私の最高記録は130杯)。

だからこそ、たまに聴くミッチーが染みるのだなぁ。

《バラ色の人生》、スゲー、いい曲ですよ。

女性のみならず、むしろ男性に聴いて欲しい。

先日、うちでパーティやったときも、この曲流れたときに、ピクッ!と反応して、「何、この歌。めちゃくちゃカッコ良すぎ!」と反応をしたのは男性でしたから。

さて、来月の音聴き会も「セロニアス・モンク」じゃ。

記:2007/01/08

 - 音楽 ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。