徹夜明けにはモンクがグルグルする

      2016/11/18

Pocket

atamakurukuru

昨日から、もう24時間以上寝ていないのだけれども、午前9時あたりから妙に気分が高揚しており、なんか、妙にハイ。

で、頭のテッペンから上5センチぐらいのところで、モンクの《ウェル・ユー・ニードント》のサビの旋律がクルクルしているの。

クロマチカルに、かつめまぐるしくコードが上昇、下降するサビの後半がミュージシャンにとっては腕の見せ所。

こころどう旋律的に処理しているのかが、じつは、ミュージシャンのセンスや力量を見分けるポイントだったりもする。

『モンクス・ミュージック』でのコルトレーンは、うまく自分の個性とモンクの構造を折衷させていると思う。

モンクの場合は、この箇所、鍵盤の上部からグリッサンドよろしく下降させるフレーズが印象に残っている。

ちなみに、サビの部分は、マイルス・デイヴィスのバージョンと、モンクのの演奏では、サビのコード進行が違う。

もちろん、クロマチカルな上昇・下降のパターンは相似形ではあるが、当たり前だけど、モンクコードのほうがモンクっぽい(笑)。

マイルス・デイヴィス進行のほうが一般的にはポピュラーなようだが、モンクコードもなかなか内省的で味わい深い。

ただし、ジャムセッションなどでは、マイルスコード進行のほうがやりやすいデス(笑)。

いずれにしても、どちらのコードで演奏してもサマになってしまう恐るべき曲、《ウェル・ユー・ニードント》。

どうりでアタマがクルクルするわけだ。

記:2004/09/19

 - 音楽 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。