カフェモンマルトル

text:高野雲

*

増殖/イエロー・マジック・オーケストラ

      2015/05/31

増殖増殖

ピーター・バラカンがもっとも好きなYMOのアルバムとして挙げていたが、その理由として、「YMOの中ではもっとも黒いアルバムだから」。

なるほど、頷ける。

やはり、要は《タイトゥン・アップ》での細野さんのベースか。

ゴキゲン、ファンキー、ノリノリ。

原曲でジェリー・ジェモットが弾くベースよりも、さらにグイグイ前に出て行くような勢いは、かなり強力な推進力といえる。

最近出たYMOのリミックスアルバムの中に、この曲のベースラインのみを抽出して構成、リミックスされたバージョンがあったが、いや、ほんと、ベースの音だけでもご飯3杯はいけそうな気がする。

幸宏の軽やかながら、かなり攻撃的なドラムも絶好調。

あまり語られることはないが、細野さんと幸宏って、けっこう絶妙なリズムセクションだったんだな、ということを如実に感じさせるのが、この“黒いYMO”の『増殖』なのだ。

《シチズンズ・オブ・サイエンス》など、アグレッシヴな教授も聴きもの。

昔は、スネークマンショウのギャグばかりに耳がいっていたが(じつは今もだが)、ブラックなギャグとサンドイッチになっているブラックな曲群のラインナップも、じつはかなり素晴らしい。

記:2002/10/04

●関連記事
>>LPのオビには細野晴臣とクレジットされえいる1枚目の『イエロー・マジック・オーケストラ』
>>ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー/イエロー・マジック・オーケストラ

 - 音楽 , ,