カフェモンマルトル

text:高野雲

*

マイ・スパニッシュ・ハート/チック・コリア

      2017/05/30

マイ・スパニッシュ・ハートマイ・スパニッシュ・ハート

濃厚なスパニッシュテイスト

名曲《スペイン》こそ収録されていないものの、チックのアルバムの中では、もっともスパニッシュなテイストを感じる1枚だ。

収録曲はもちろんのこと、ジャケットやライナーのアートワークも、念の入ったスパニッシュ・フレヴァーという凝りよう。脱帽です。
そして、いい雰囲気です。



sponsored link



多彩なサウンドが楽しめる

有名な『リターン・トゥ・フォーエヴァー』の《ラ・フィエスタ》からも分かるとおり、ラテン系の血の入ったチックのピアノは、スパニッシュなフレヴァーがよく似合う。

1曲目の軽やかで、さりげなく哀感を漂わせた《ラヴ・キャッスル》から、一気に空気がスペイン色に染まる。

粒立ちの美しいピアノに、ゲイル・モランのコーラス。
爽やかです。

朝にかけると、静かに時間が動き始めるような感覚を実感することが出来るのでは?

アコースティックピアノ、暖かく伸びのある音色が特徴のムーグ(モーグ)シンセサイザーを駆使し、さらにはコーラス、タップまでをも披露するチック。

気合いがはいりまくっています。

ヴァイオリン、ビオラ、チェロなどのストリングスも導入し、サウンドはとてもカラフル。

この多彩なサウンドは、チック特有のスパニッシュ・フレヴァーと幸せに融合し、非常にバランスの取れたアルバムとして仕上がった。

スパニッシュテイストとともに独特の哀愁もただよう旋律を小粋に料理しているチックの傑作だ。

軽やかで、聴きやすい。
そして気持ちよい。

記:2004/03/07

album data

MY SPANISH HEART (Polydor)
- Chick Corea

1.Love Castle
2.The Gardens
3.Day Danse
4.My Spanish Heart
5.Night Streets
6.The Hilltop
7.Wind Danse
8.Armando's Rhumba
9.Prelude To El Bozo
10.El Bozo,Part1
11.El Bozo,Part2
12.El Bozo,Part3
13.Spanish Fantasy,Part1
14.Spanish Fantasy,Part2
15.Spanish Fantasy,Part3
16.Spanish Fantasy,Part4

Chick Corea (p,syn,cho)
Gayle Moran (vo)
John Thomas (tp)
John Rosenburg (tp)
Stuart Blumberg (tp)
Ron Moss (tb)(ds)
Jean Lue Ponty (vln)
Barry Socher (vln)
Connie Kupka (vln)
Carol Mukogawa (viola)
David Speltz (cello)
Stanley Clark (b)
Steve Gadd (ds)
Don Alias (per)
Narada Michael Walden (hand clap)

1976/10月

記:2004/03/07 

 - 音楽