カフェモンマルトル

text:高野雲

*

ワーグナーの《トリスタンとイゾルデ》

      2017/04/24

Pocket

yoake

トリスタンとイゾルデ

クラシックにはそれほど明るくないのだけれども、幼い頃からチャイコフスキーとワーグナーには慣れ親しんでいました。

曲名など分からないままに。

特にワーグナーは、幼心にも染みてきた、というか自発的に「また聴きたい」と思わせる要素がありましたね。

ベタではありますが、《ニュールンベルグのマイスタージンガー》などが子ども心に好きでした。

今になって、ようやくその理由がかってきたのですが、私とクラシックをつなぐラインって、きっと特撮番組の『ウルトラセブン』だったような気がします。

観ていたのは再放送でしたが、『ウルトラセブン』は至るところにBGMとしてクラシックを使っているんですよね。

そして、勇壮なイメージの強いワーグナーのナンバーが、おそらく無意識に特撮の映像とリンクしていたのだと思います。

特に《トリスタンとイゾルデ序曲》が昔から大好きで、「無限音階」なる知識を知ったのは大人になってからのことなんですが、子供心にはすごく美しく刺激的なサウンドでしたね。

今でも家でもっともよく聴くワーグナーのCDがフルトヴェングラー(ヴィルヘルム)指揮、フィルハーモニア管弦楽団のバージョンです。

ワーグナー:トリスタンとイゾルデ 全曲ワーグナー:トリスタンとイゾルデ 全曲

オペラのDVDは、正直、全部見通すには、相当の覚悟と体力がいるんだけど、CDだったら軽い気持ちで読書のBGMとして気軽に聴けるのが嬉しいです。

そして、どうせ持っているなら、大好きな『トリスタンとイゾルデ』の全曲を持っておきたい。

だからこそ、価格もお手頃なわりに収録時間 257分という大ボリュームの「全曲集」が書斎の傍らに鎮座しているのです。



sponsored link



カラヤン

ワーグナーといえば、最近は晩年のカラヤン指揮のアルバムの愛聴しています。

もちろんノーマンの絶唱も凄いのですが、なにより80歳(それ以上だったっけ?)のカラヤンが描き出す≪タンホイザー序曲≫が素敵。

若い頃の彼にはなかった穏やかさと丸みが感じられる一方で、描き出される音楽風景に広がりを感じるんですね。

まさに広大というか雄大。スケールが大きい。

これもまた、なかなかです。

Wagner: Tannhäuser / Siegfried-Idyll / Tristan und IsoldeWagner: Tannhäuser / Siegfried-Idyll / Tristan und Isolde

ワーグナーという存在

個人的にはジャズ中心の音楽生活なので、頻繁にクラシックを聴いているというわけではありません。

しかし、シンバルとベースが刻む4ビート中心のジャズのノリの心地よさとは、まったく別の心地よさ、大げさに言うと「悠久」を感じさせる心地よさというのかな?
スケール大きく、心の中の視界が大きく広がっていくような感覚、これは、やはりクラシックを聴いているときのほうが多いですね。

とくに、やっぱり、ワーグナー。

スケールの大きさと、サウンドの響きの複雑さと、それを太くエモーショナルな旋律で紡がれた楽曲は、聴くたびに心が洗われるのです。

記:2012/07/22

 - 音楽 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。