電車の中でヤバイのは、『VOW』だけじゃないのだ/マイルスの『ライヴ・イヴル』

      2016/11/14

Pocket

nkj56_ekinitomarudensya_tp_v

《ホワット・アイ・セイ》をiPodで聴きながら歩いたり電車に乗るのは危険だ。

だってノリノなんだもん。

ジャック・ディジョネットのドラムは、彼には珍しく平板なバシャパシャとしたドラミングだけれども、そこがまたいいんだよね。

ちょっと前のめりにツンのめる感じが、こりゃまた、リズムをぷっしゅ!ぷっしゅ!ぷっしゅ!って感じでさ。

さらに、めちゃくちゃすごいのが、なんてったって、マイケル・ヘンダーソンのベース。

グルーヴしまくり。

彼にしては音数の多いプレイだが、この音選びのセンスとアイデアが尽きることがない。

しかも、この安定感よ。

さらに20分以上の長尺演奏にもかかわらず、ぜんぜんヘバラない持久力の素晴らしさ。

マイルスのラッパの前はキースのエレピソロなんだけれども、これもあなた、滅茶苦茶ファンキーなんだよなー。

リズムに切り込むように
♪ぱー、ぱー!
って入るマイルスのラッパももちろんゴキゲン。

そう、ゴキゲンな演奏なのです。

だから、こちらもゴキゲンな気分。

こないだなんて、これ聴きながらあまりにゴキゲンな気分になってしまい、思わず電車に乗っていることを忘れ、

♪宇宙猿人ゴリ~ ゴリ~が屁をこいたぁ

なんて、わけのわからない歌を鼻歌でボソボソ歌ってしまった。

われに返ったときの恥ずかしさといったら(笑)

とにかく、これ聴きながらの外出は危険です。
街にノリノリ夢遊病者が増殖してしまいそう。

記:2009/03/14

●関連記事
>>ライヴ・イヴル/マイルス・デイヴィス

 - 音楽 ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。