ホワッツ・ゴーイング・オン/マーヴィン・ゲイ

      2017/11/15

Pocket

What's Going on

ソウル注入!

正直、リアルタイムで出合ったわけでもなく、生来の勉強意欲の欠如ゆえ、このアルバムが録音された時代背景、歌にこめたマーヴィン・ゲイの意思、向かわんとするところは抜きにして、ただただサウンドの心地よさに乗っかって1曲目から最後まで同一トーンを貫くラスト曲まで聴き通してしまっている私ですが、ベースをやっているだけに、やっぱりジェームス・ジェマーソンの素晴らしいベースプレイに耳を奪われ、俺もこんなベース弾きたいなぁと思いを巡らせた果てに、ヴィンテージのプレシジョンベースを買い、奏法もジェマーソン同様の一本指奏法、さらに弦も滅多に張り替えないという、表層的な部分だけをコピーしたはいいいけど、本質的な音に込められたソウルのようなものまではアタリマエだけどコピー出来ずじまいな状態がずーっと続いているんだけど、自分でソウルを出せないぶん、このアルバムを聴くことによって自分の中に柔らかくも熱いソウルを少しでも注入できれば、それが今の自分にとっては幸せなことだと心の底から思っています。

万人にオススメしたい、ホント、素晴らしいアルバム作品です。

記:2001/01/23

album data

WHAT'S GOING ON (Motown)
- Marvin Gaye

1.What's Going On
2.What's Happening Brother
3.Flyin' High
4.Save the Children
5.God Is Love
6.Mercy Mercy Me
7.Right On
8.Wholy Holy
9.Inner City Blues

Marvin Gaye (vo,p,mellotron,box drum)
Gordon Staples, Zinovi Bistritzky, Beatriz Budinzky, Richard Margitza, Virginia Halfmann, Felix Resnick, Alvin Score, Lillian Downs, James Waring (violins)
Edouard Kesner, Meyer Shapiro, David Ireland, Nathan Gordon (violas)
Italo Babini, Thaddeus Markiewicz, Edward Korkigan (cellos)
Max Janowsky (b)
Carole Crosby (harp)
Dayna Hardwick, William Perich (flutes)
Larry Nozero, Angelo Carlisi, George Benson, Tate Houston (saxophones)
John Trudell,Maurice Davis (tp)
Nilesh Pawar (oboe)
Carl Raetz (tb)
Eli Fontaine (as)
Wild Bill Moore (ts)
Johnny Griffith (celeste, key)
Earl Van Dyke (key)
Jack Brokensha (vib,per)
Joe Messina (el-g)
Robert White (el-g)
James Jamerson (el-b)
Chet Forest (ds)
Jack Ashford (per,tambourine)
Eddie "Bongo" Brown (per)
Earl DeRouen (per)
Bobbye Hall (bongos) #9

 - 音楽 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。