カフェモンマルトル

text:高野雲

*

ウッドベースの弦を張り替えた。

      2017/05/30

Pocket

張り替えは年に一回

ウッドベースの弦を張り替えた。

昨年の4月に、オリエンテのウッドベースを購入したのだが、その時以来、店頭で売られていた時の弦をそのまま使い続けていた。

しかし、どうも、最近弾いてもあまり響かなくなってきたので、そろそろ取り替えどきなのかな、と判断したからだ。

ウッドベースを購入した時に、店員から、「弦は半年に1回とは言いませんが、1年に1回、どんなに長くとも1年半に1回は取り替えてくださいね。そうしないと、楽器のバランス自体がおかしくなってきちゃいますから」と言われたことが常に頭の中から離れなかったのだ。

だから、まだ購入して1年も経ってはいないのだが、そろそろ張り替えてみようと思いたったのだ。



sponsored link



弦いろいろ

駒の調整や、ピックアップの取り付けのため、何度か楽器を店に持って行ったことがあり、その時に店員さんと弦に関しての話しをしたのだが、オリエンテの工場出荷状態の時に取り付けられている弦は、あまり良い弦ではないらしい。

鳴りも良くないし、テンションも他の弦と比べるとかなり固いのだそうだ。

エレキベースに関しては、私は様々な弦を試してきたが、結局はダダリオのフラット・ワウンドに落ち着いている。

たまに気分を変えてロト・サウンドのフラット・ワウンドを使うこともあるが、よっぽどのことが無い限りは、ダダリオの弦しか使わないし、自分のベースとダダリオの弦という、決まったサウンドキャラクターの状態の中で、いかに自己表現をしてゆくかを常に考えている。

エレキの場合は、ほぼ自分の嗜好とスタイルは落ち着いているのだが、ウッドベースに関しては、ほとんど何も知らない状態なので、出来るだけ色々な弦を試してみて、最終的に落ち着く弦を見つけたいと思っている。

スピロコア

さて、私が今回選んだ弦は、「スピロコア(Spirocore)」。

THOMASTIK トマスティック コントラバス弦 SPIROCORE 4/4用 ライトテンション セット弦 CBSet-S42WeiTHOMASTIK トマスティック コントラバス弦 SPIROCORE 4/4用 ライトテンション セット弦 CBSet-S42Wei

他の弦に比べれば、価格が安いということもあるが、リペアマンと先日会話をしたときの言葉が購入の決め手となった。

「皆さん、あれこれ弦をお試しのようですが、結局最後はスピロコアに戻ってくるんですよね。」

なるほど、それならば、戻ってくる場所をまずは確認してみなくては。

ウッドベースの弦においては、標準というか、オーソドックスでスタンダードな位置づけの弦なのかもしれない。

ということで、スピロコアのセットを購入した。1万3千円ちょっと。エレキベースの弦に比べると高いよな、やっぱり。

ダダリオのフラットのセットが4千円弱だから、3セットぐらい変える値段だ。

帰宅して、早速スピロコアの弦に張り替えてみた。

ウッドの弦を張り替えるのは、はじめてのことなで、勝手が分からず、かなり時間を食った。1時間以上はかかったはずだ。

やっとのことで、張り替え、弾いてみた。

取り替える前の弦に比べると、テンションが柔らかい。

そして、音が「グーン」と、すごく伸びる。

低い弦になればなるほど、音の伸び具合が顕著で、これは相当気持ちがいい。

弓でも弾いてみた。

おや?前の弦と比べると、かなり音が暴れるぞ。

ギーギー、ガーガーと、ノイズの成分というか、ギザギザした成分がちょっと強いように感じた。
もっとも私のアルコが下手っぴということもあるが。

しかし、ピッチカートを弾いているときの音の伸びと、グワーンと下から柔らかく突き上げてくるような、音の伸びとふくらみは中々気持が良いので、スピロコアという弦は結構気に入った。

もっとも、現段階は、張り替えてすぐの状態。

弦が死んできて、ヘタッた状態になると、どのようにサウンドが変化するのか、ちょっと楽しみだ。

そして、次の弦は何にしようかと、既に今から考えている。

記:2002/01/04(from「ベース馬鹿見参!」)

 - 音楽 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。