カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

clan of XYMOX

      2016/03/14

Pocket

Clan of XymoxClan of Xymox

オランダのグループで、今でも活動しているらしい。

ベーシストは女性。

なかなかパンキッシュで乱暴なベースがかっこいい。

うねうねした低く暗いヴォーカルはデビッド・シルヴィアン好きにはたまらない魅力だ。

シンセ中心の打ち込みバンドと思いきや、サウンドの隙間から漏れてくるアコースティックギターの乾いた音が曲に深みを与え、そして、雑で勢いのあるベースからはパンクの匂いもチラホラ。

よく分からないのだけど、こういうサウンドってテクノというのだろうか、それともニューウェーブのテイストを引きずったエレクトロ・ポップと言った方がニュアンスは近いのだろうか。

もっともジャンルの定義にはあまり興味はないが。

シンセの音色や打ち込みのパターンも特に凝りに凝りまくっているというわけではないが、その分荒削りで攻撃的なサウンド。

YMOのことを意識しているのか、それともアンチYMOなのか、YMOの左右にバッテンにも見えてしまう「X」が二つ。

高校時代に出会って当時は夢中で聴いていた。暗くてカッコ良い音楽、XYMOX。

私にとっては非常に中毒性の高いサウンドといえる。

アルバム『clan of XYMOX』や、12インチの『a day/stranger』などは本当にむさぼるように聴いていた。

残念ながら近年の音源は未チェックだが、『clan of XYMOX』は、今でも時々発作的に聴きたくなるアルバムだ。

記:2001/04/07

 - 音楽 , ,