カフェモンマルトル

text:高野雲

*

浴室/椎名林檎

      2016/06/03

Pocket

bathroom

椎名林檎の『勝訴ストリップ』を聴いて、最初に印象に残った曲が《浴室》だ

パッと視界が開けるように気持ちの良いサビのメロディと、その旋律に乗る歌詞「洗って切って水の中/呼吸器官は冒される/あたしが完全に乾くの いまきちんと見届けて」が非常にマッチしており、かつ鮮烈。

また、「あたしが完全に溶けたら すぐきちんと召し上れ」のあたりが、いかにも林檎ちゃんらしいセンスだなと思う。

さらに、個人的には、2番のサビの歌詞も大好き。

「甘い匂いに汚された/御留守になっていた守備部隊/あたしが完全に乾くのいまきちんと見届けて/赤い嘘に汚された/自分で吐いた傷を見た/あたしが完全に溶けたら すぐきちんと召し上がれ」

この歌詞を音ではなく、文字、そう文字面というビジュアルを目でなぞっていくと、なぜだか女性とホテルに行きたくなる(笑)。

また、この曲で印象的なのは、やっぱりベースでしょうね。

シンセ・フレットレス・ベースの腰のある音色と印象的なフレーズ、そして生の手弾きベースの派手なグリス。

もうこれは亀田誠治ならではの、ワン・アンド・オンリーのセンスでしょう。

さらに、このベースにしっくりとフィットした打ち込みリズムとノイズ……などなど、どれを取っても本当に素晴らしい。

この前のオフ会の折、関西からやってきたドラマーと、この曲を原曲よりも心持ち早めのテンポでのセッションを試みたが、演奏していても非常に気持ちが良く、何度も何度も繰り返し演奏してしまったほどだ。

記:2000/08/25

 - 音楽

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。