音版「カフェモンマルトル」(YouTube)もやっています♪

完成!ビショップ自走砲~白い油絵具でドライブラシ

完成!ビショップ自走砲~白い油絵具でドライブラシ

前の記事⇒ビショップ自走砲、ディープグリーンで迷彩塗装

ユニークなフォルム、見ていて飽きない

Dragon製のビショップ25ポンド自走榴弾砲、これ以上手を動かせば動かすほど、どんどん汚くなってしまいそうなので、強制終了!
完成といたしました。

付属のフィギュアが1体ついておりまして、これはサクッと軽くタミヤのアクリルミニで筆塗してしまいました。

その前に黒いサーフェイサーを吹いていますが。

面倒なので、制服のシワは薄めたエナメル系の流し込み。
顔も目とかは描かず、これも薄めたエナメル系の流し込み。
ハイライトとかも入れていません。
あ、服には軽く油彩の白でドライブラシしていますけど。

しかしまあ、付属のイギリス兵は痩せていますな。

いま同時進行で作っている、イタリアのセモベンテ突撃砲の戦車長のおじさんと比べると、ぜんぜん体型が違う。

食ってるものの違いか?!

やっぱりイタ飯は美味いですからね。
ピザのチーズをたらふく毎日食べていると、こんなに恰幅の良い体型になるんでしょうかね。

それはともかく、アクリル塗料を水で溶いて色々な色をビシャビシャと筆で乗っけた状態を完成としても良かったんですが、いちおうMr.ウェザリングカラーを薄く全体に塗りつけ、最後は油絵具の白でドライブラシしました。

ウェザリングカラーはグレイッシュブラウン、油絵具はクサカベのアイボリーホワイトを遣いました。

砲塔がデカい箱のような形なので、車体がペシャンコに押しつぶされたように見えて面白いです。

見ていて飽きませんね。
私の「KV-II好き心」のツボを刺激しまくりです。

今回はドラゴン特有の履帯(キャタピラ)一枚一枚作りに苦戦しましたが、それ以外は、非常にストレスなく楽しく作れました。

記:2019/08/26

YouTube

動画でもいろいろと話しています。

関連記事

>>KV-2の砲塔を見ると「塗り心」が刺激されてしまうのだ
>>KV-2 ギガンドのプラモばかり作っていたなぁ

模型カテゴリの最新記事