カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

【三文日記】2011年2月

      2018/07/03

Pocket

bluedoor

2/1(tue)

息子がガンプラのHGUCのほうのシャア専用ズゴックを作っていた。

モノアイのピンクのシールが安っぽいので、エヴァ零号機のキットに付属していた、グリーンの目玉のクリアパーツを流用させたら、ズゴックが持つ凶悪な面構えがさらに増幅されて、なかなか良い感じに変身した。

ガンプラ用のスミ入れ用の極細とふき取りタイプの2本のマーカーを使い分けて仕上げると、なかなか簡単お手軽な作業でリアルに仕上がることを発見。

2/2(wed)

息子がガンプラのHGUC「ジム寒冷地仕様タイプ」を作っていた。

素組にスミ入れをするのみでも、かなりカッコよく見える。

ただし、銃を持たせにくいことと、シールドを持たない腕にもポリキャップの穴が開いているところが残念。

2/3(thu)

アキバのヨドバシに行き、ガンプラ大人買い。

『海の上のピアニスト』のジュゼッペ・トルナトーレ監督の作品『マレーナ』を観るが、なかなか良かった。

ストーリーも映像も美術もモニカ・ベルッチも良い。

2/4(fri)

歯医者。

虫歯を除去後、削った穴をふさぐ型を取る。

飲み屋の座敷で、異業種の方と顔合わせと、昨年より継続中の仕事のスタッフと新年会を兼ねた飲み。

2/5(sat)

息子が『ファースト・ガンダム』と『逆襲のシャア』を観たいというのでレンタル。

ついでにボトムズの『幻影編』もレンタル。

息子が作ったHGUCのザクIIF2の頭の小ささに驚く(なかなかカッコいい)。

2/6(sun)

予定を入れまくっているわけではないのだが、私を訪ねてくる人々が同じ時間帯に集中してしまうと、瞬間風速的に激務状態になってしまう。

優先順位の決定と、部下への適切な指示が非常に大事なことだと痛感するが、幸い、部下たちも少しずつ育ってきたので、大きな判断が必要ではない案件に関しては安心して任せられるようになってきた。

息子が制作途中のHGUCのガンダムを見せてもらったがプロポーションの良さと可動範囲の広さに驚く。

2/7(mon)

埼玉の某女子高にて講義。

体育館に集った160名近くの女子高生たちはなかなか壮観。

新宿の居酒屋で飲み。

2/8(tue)

埼玉の某共学校に行き講義。

廊下ですれ違うたびに、全員の生徒が大きな声で「こんにちわ!」挨拶をしてくれ、すがすがしい気分になる。

先日、素組みしたHGUCのアッガイ、防水カバーの部分のみタイヤブラックで塗装。

2/9(wed)

ボトムズの「幻影編」、2巻のクメン編まで観るが、毎週金曜日の夕方、12にチャンネルを合わせ、放送を心待ちにしながら、毎週リアルタイムで観ていた「最低野郎」にとっては、感涙の内容。

連日の疲労が溜まっているのか寝起きの際は身体がダルくて重い。

受験情報研究会『できる高校生がやっている超勉強法』読了。

2/10(thu)

歯医者。

息子が完成させたガンプラのいくつかのうち、表面処理が甘いものをリファイン。

アートナイフを使いまくりのため、刃こぼれ、刃の交換の連続。

2/11(fri)

半雪、半雨。

寒い1日。

ネット上を賑わせた犯行予告のあった時刻に、たまたま新宿郵便局の本局に行き、ついでに新宿のバス乗り場周辺を歩いてみるが、何も起こらなかった。

2/12(sat)

午前中、息子を連れてアキバのヨドバシカメラに行き、ガンプラ大人買い。

ここのところ「ガンダム欲」の強い息子に予備知識を持ってもらう意図で、レンタル屋で映画版『Zガンダム』と、『ポケットの中の戦争』を借りて見せる。

寒さゆえ、昼も夜も鍋、食事の合間はウイスキーとチョコとポテトチップス。

2/13(sun)

息子がHGUCの最初の商品(No.001)のガンキャノンを作っていた。

私も中学時代は、1/100や1/144スケールのキットを作ったことがあるが、それに比べると、ハイグレードのバージョンは、ガンキャノン特有の武骨だが丸っこく愛らしいフォルムをうまく立体化し、かつ無理なく可動範囲が広がっており、このようなさり気なくハイクオリティなプラモが廉価で流通していることは、とても素晴らしいことだと改めて思う。

ま、それはガンキャノンに限らず、多くのMGやHGUCやRGにも言えることだが、一昔、いやふた昔以上前のモデラーの目線からしてみれば、今のバンダイの技術の進歩は目覚ましいと感じる。

2/14(mon)

先週に引き続き、埼玉の某女子校にて160数人の生徒相手に1時間半ほど講義、体育館の中ゆえ、暖房効いておらず、乾いた空気で喉がカラカラ、帰りに駅前の甘味処でつぶあんたっぷりのお汁粉と紫蘇昆布、そして生姜たっぷりの心太と熱いお茶でエネルギーチャージ。

東京に戻ると、雪、雪、雪で、寒、寒、寒。

いただいたチョコの数は、十数個の差をつけて今年は息子に圧勝(笑)。

2/15(tue)

昨日より、クリームあんみつやお汁粉、チョコなど甘いものばかり食べている。

すっかり口の中が甘くなってしまった中、甘いものよりもこちらのほうが好きでしょ?と、大量にいただいたポテトチップスやうまい棒がありがたく、昼から夜にかけてはながらで、塩気の強いスナックばかり食べていた。

息子が素組みしたガンプラたち、パーツの組みやゲート処理の甘い部品を少しずつリファインしたり塗装してみたりする。

2/16(wed)

銀座の試写会の会場に行ったら、渋谷と会場を間違え、結局映画観れず。

アキバのヨドバシで、ガンプラ3箱をヤケ買い。

マリブバーガーを食べたいというリクエストに応え、女子高生たちを引き連れてマクドナルドに行き、久々にファーストフードのおやつ。

2/17(thu)

今年は意図的にあまり本を読まないようにしている。

iPhoneで知りたい情報を取りに行き、これを移動中や隙間時間に読むというスタイルでしばらくいくつもり。

もちろん、あまり効果がなければ本の積読・乱読スタイルの生活に戻すつもりでいる。

2/18(thu)

歯医者で歯石を取ってもらう。

実家に行きカレーうどんを喰った後、確定申告の書類作り。

新宿のヨドバシ時計館に行き、腕時計に電池を入れてもらい、細くなった腕に合わせてバンドの長さを調整してもらう。

2/19(sat)

作りかけのガンプラの仕上げ作業。

バンダイのガンプラのプラスチックは、特にエナメル系塗料とその溶剤に弱く、過去に何度かフィニッシュの際にパーツを割ったり破損したりと痛い目にあってきたので、今回は慎重に墨入れ作業を施す。

最後にパステルの使用も考えたが、今回は汚し過ぎは控えることにする。

2/20(sun)

隠ぺい力の弱いイエローの筆塗り塗装は困難を極める。

ゆえに過去に失敗したキットのジャンクパーツを利用して下塗りから徐々に明度を上げ鮮やかな黄色が筆で塗れる訓練。

おでんが美味い。

2/21(mon)

税務署に行き、確定申告の書類提出。

ガンプラを大人買いしてしまう私も私だが、私が大人買いしたHGUCを次から次へと作りまくる息子の勢いも凄まじい。

名画『いそしぎ』を今さらながら観るが、過度な期待を抱きすぎたゆえか、予想以上には面白く感じなかった。

2/22(tue)

ニュージーランドのクライストチャーチ大地震の報道映像を観るたびに心が痛む。

クライストチャーチは、思い出のある街だからだ。

ビールとジョニ黒、餃子と唐揚げ、ポテトチップス。

2/23(wed)

84日前より抱いていたほんの些細な胸のつかえが取れる。

ここ数日、暇さえあればポテトチップスを食べているので、指が微妙にコンソメパンチくさい。

バンダイの川口名人プロデュース風に塗装しなおしたガンダム(RX-78)を息子に見せたら「感動した」。

関連記事:川口名人カラー的ガンダム 1/144

2/24(thu)

牛丼、チロルチョコ。

コンソメ・ダブル・パンチに、カップヌードル。

なんか今日はジャンクな食事だな。

2/25(fri)

息子の学校に遊びに行ったら、6年生を送る回の練習で、全校生徒は体育館に移動していた。

昼に蕎麦170gほど茹でて食べた後、夜まで眠りに落ちる。

缶ビールを立て続けに4本。

2/26(sat)

現在作っている本も、いよいよ最終段階に入ってきた。

右手に牛丼を食べる割り箸、左手にポテトチップスと赤ペンを持ち、ゲラチェック頑張りまくるぞ~!!って感じ。

しかし1時間ほど寒空の下で立ち話をしていたら、微妙に体調が悪化し、いつものように風邪の前兆を感じたときの「パスタ500g+ビール500ml+キャベツ1/4+風邪薬」という「個人的健康セット」を摂取し、布団にもぐりこみYMOを聴く(だいたいこれで風邪の初期症状は完治するのだ)。

2/27(sun)

人の波。

しゃべくりの嵐。

心地よい疲労感。

2/28(mon)

現在作っている本の校了日、あわててもう一度気になる章を読み返し、数か所赤字入れをし、夕方、編集部に宅急便でゲラを戻す。

寒い、というか冷たい一日で、夕方には一瞬雨が雪に変わり、身体の芯から冷えそうなこの寒さにまいる。

よって、実家に遊びに行き、あつあつの鍋焼きうどん。

 - 三文日記