【三文日記】2019年5月 - カフェモンマルトル

カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

【三文日記】2019年5月

   

Pocket

5/1 (wed)

令和初日。

昨日のテレビは大晦日、本日のテレビはまるで新年を迎えたときのようなニュースや特番のオンパレードのような気がしたが、まあ、それはそれで悪くないんじゃないの?的な、普通な気分。

ハロウィンやワールドカップなんかのバカ騒ぎは大嫌いなのにね。

5/2 (thu)

発作的に『マクロス』に登場するゼントラーディ軍の戦闘ポッド・リガードを作りたくなる。

で、アマゾンで調べてみると、高っ!

なんだか異星人メカを作りたい感じなので、『バイファム』に登場したレコンタイプも調べてみると、これもリガードほどではないけれど、高っ!

5/3 (fri)

パソコンのモニター見すぎで目が痛い。

最近はスマホも見すぎて眼精疲労。

プラモデル塗ってるときのみ目が和む。

5/4 (sat)

晩飯は息子と近所の飲み屋(もちろんノンアルコールね)。

ジョン・ファブロー、ソフィア・ベルガラ、 ジョン・レグイザモ、スカーレット・ヨハンソン、ロバート・ダウニー・Jrの『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』(監督:ジョン・ファブロー)を観る。

気軽にサクッと見れて、さらりと面白いノンストレス映画で、とりあえずお腹が減ります。

5/5 (sun)

最近なぜかTwitterをいじっている時間が長くなってきているような。

色々見ていたら、池田幸司のシングル《ネバーランドへいこう》についてのツイートがあり、懐かしすぎて思わず反応してしまった。(⇒まとめて貼り付け

で、シモンズのドラムのタムの「♪ぷるるんぷんぷん」に時代を感じる《ネバーランドへいこう》といえば、彼の3枚目のシングルなのだが、2枚目のシングルは《ネバーランドへいこう》で、ステラといえば「星影」でもあり「クッキー」でもあるのだが、無性に「ステラおばさんのクッキー」を食べたくなった。

5/6 (mon)

横浜へ行き、クッキー屋さんでクッキーの食べ放題。

甘さで満たされた全身を蕎麦屋で中和。

浜辺美波、北村匠海、小栗旬、北川景子の『君の膵臓をたべたい』(監督:月川翔)を観る。

5/7 (tue)

AmazonでHGUCのνガンダムが安かったので購入。

到着後さっそく作り始める。

藤原竜也、伊藤英明、仲村トオルの『22年目の告白-私が殺人犯です-』(監督:入江悠)を観る。

5/8 (wed)

YouTubeに黙々と動画をアップしつづけているが、動画数は既に280を超えていたんだね。

チリも積もれば山となる。

Amazon Primeでファーストガンダムが観れるので、とりあえず20話まで一気に鑑賞、懐かしい。

5/9 (thu)

焼肉屋。

後、ケーキ屋。

結局、勢いでファーストガンダムを全話観てしまった。

5/10 (fri)

ファーストガンダムを見終えた流れでゼータガンダムを10話ぐらいまで惰性で観続けている。

再塗装中のズゴックUNICORN風、もうすぐ完成。

晩飯は具がタマネギだけの激辛カレー。

5/11 (sat)

世評で手放しに持ち上げているわりには、あまりピンとこないミュージシャンや演奏やアルバムもあるわけで。

で、そんなにディスっているつもりはまったくないんだけど、世間では(評論家たちは)、皆褒めているわりには、自分にはどこが良いのかサッパリわからないし、多くの人が褒めているポイントがその音楽の良さだとすれば、そのポイントを上回る素晴らしい音楽は巷に一杯あふれているんだよね、もしかしたら私自身、良さを見落としている可能性があるので、もし良いところがあれば教えて下さい的な流れでYouTubeで話しても、聞く側からすると「ボロクソ」とか「貶し」に受け止められてしまうということがよく分かった。

と同時に、そういう内容のほうが視聴者数が増えるということも分かったのだけど、視聴回数や視聴時間稼ぎのために、あえてネガティブなことを言うのも(「炎上商法」っていうやつ?)なんだか下品な気がするし、かといって、ちっとも良いと思わないものを無理して持ち上げたところでバレバレなので、今後も素直に思ったことを話していく姿勢が一番良いのだろうと思っているが、もう少し言葉は慎重に選んだほうが良いのかなとも思われ、しかし、かといって選びすぎると勢いも削がれる可能性もあるので、その匙加減が難しいところ。

5/12 (sun)

キッチンのカウンターの上に置きっぱなしになったジャックダニエルを発見。

久々にアルコールを飲んでみっかと、ロックで数杯。

眠くなるけど、体内にアルコールが入ると、なんだか浅い眠りが続いた感じがするね。

5/13 (mon)

先週からAmazonプライムで見始めたガンダムなんだけど、惰性で『ゼータ』を延々と見続け、ついには『逆襲のシャア』まで到達。

こうして短期間で一気に宇宙世紀のストーリーを追いかけると(プラスNHKで放映されている『ORIGIN』も含めて)、シャアという人間の優秀さ、純粋さ、脆さ、狡猾さ、カッコつけしいところなどが生み出すアンバランスさが、年を重ねるほどに成熟度を増しバランスが整ってゆくアムロと反比例するかのように映し出されており、そこのところが人間臭く、『逆襲のシャア』が公開された1988年以降、多くのガンダム作品が生み出されているにもかかわらず、今なお人気投票では、アムロ、キラ、刹那、カミーユ、三日月をさしおいて、ダントツのベスト1入りをしている理由も分かるような気がした。

今度は『ボトムズ』のシリーズを一気観しようかな。

5/14 (tue)

先日、本体のみ素組みが完成したνガンダムだが、塗装のためのバラし作業に取り掛かっている。

本当は組み立て図を凝視しながら、効率よく作業の段取りを考え、組み立てながら塗装していったほうが時短にもつながるんだけど、ついつい完成したカタチを早くみたいから一気に作っちゃうんだよね、フィン・ファンネルにはまだ手をつけていないけど。

晩飯は息子と近所の居酒屋にて(ノンアルコール)。

5/15 (wed)

サム・リヴァースの『フューシャ・スイング・ソング』を繰り返し聴いていた。

『ガンダムUC』に登場したカラーのズゴック完成。

タミヤのアクリル塗料のみで仕上げまで持っていこうと思ったんだけど、最終的には、ごくごく微量ではあるけれども、Mr.ウェザリングカラーの『グレイッシュブラウン』の力を借りてしまった。

関連記事:ズゴックをユニコーン風ズゴックに再塗装

5/16 (thu)

般若、ラスボス降りるんだね。

次のラスボスに指名されたR指定とのバトル、なかなか熱かったですね。

あ、今週放送された『フリースタイルダンジョン』の話ね。

5/17 (fri)

飲食店のメニューが無料になるソフトバンクの企画「スーパーフライデー」。

サーティーワンや吉野家の牛丼のことが多いんだけど、今回は丸亀製麺のうどんだった。

ためしに行ってみたら、店内は大繁盛、かつ慣れないオペレーションだったのか、外国人従業員の多い店舗ということもあってか、店員さんたちは大わらわだった。

5/18 (sat)

時おり、過去に書いた自分のジャズのレビューを読むと、現在感じていることと間逆のことが書いてあったりすることもある。

それだけ成長したともいえるかもしれないし、同時に(現在よりは)少ない情報量でなんとか想いを文字にしようと悪戦苦闘していた頃の自分を懐かしくも感じる。

たぶん、もっと年を取ったら、現在の自分も未来の自分からそう思われるんだろうな。

5/19 (sun)

晩飯は息子と近所の居酒屋。

アルコールは瓶ビール1杯のみ。

その後にゴクゴク飲むウコン茶1リットルのほうがうまかったりするので、完全にアルコール体質から脱したような気もする。

 - 三文日記