クレーンの赤いアクセントと動力パイプ - カフェモンマルトル

カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

クレーンの赤いアクセントと動力パイプ

   

Pocket

「ちょこんと赤」がツボ

黒にオレンジ。

もしくは黒と黄色。

この配色のクレーンって多いし、工事現場を象徴する2色ゆえ、この配色だと0.1秒で、「おっ、クレーンだ!」と認識する。

あるいは、「おっ、(ブルドーザーなどの)建機だ!」みたいにね。

なので、この手の建機は黄色系と黒系の配色が、それこそ「中央線はオレンジ色」だということと同じくらい我々の脳の中には「当たり前のこと」として認識されてしまっているんだけれども、だからといって、工事現場の黒&黄色系の建機のすべてが、この2色の配色で占められているわけではない。

アップで見ると、ちょこんと赤のアクセント。

この「ちょこん」な赤が、個人的にはすごくツボなのです。

真っ赤ではなくて、朱色がかった色味が、これまたグー!

動力パイプ

と同時に、グレーのパイプやシリンダーもツボ。

私がパイプ好きになってしまったのは、きっとザクのせい。

ザクのみならず、それ以降のモビルスーツは、ジオン系のもののみならず、関節などのちょっとしたところにパイプのチラリと見せるデザインも少なくないんだけど、発見するたびに、「おお、こんなところにも!」と嬉しい気分になりますね。

私が大好きなジ・オの脚部にも、シンプルな装甲の裏側には、ニョロニョロとミミズのようなパイプがいっぱい。

それに比べると、上記クレーンのパイプの並びは整然としていますね。

関連記事

>>HGUC ジ・オ素組み制作記/PMX-003 ジ・オ (機動戦士Zガンダム)

 - クレーン