カフェモンマルトル

text:高野雲

*

「 ジャズ 」 一覧

ソウル・タイム/ボビー・ティモンズ

Soul Time アイル・クローズ・マイ・アイズ ブルー・ミッチェルの『ブルー ...

ハン・ベニンクのドラミング~ドルフィーの『ラスト・デイト』と『DADA 打、打』

かなり前のことだが、今はなき『スウィング・ジャーナル』で、ドラマーのエド・ブラッ ...

前衛ジャズと前衛短歌

text:高良俊礼(Sounds Pal) 陽気なテロリスト 6月11日、フリー ...

ビル・エヴァンスはジョン・コルトレーンからの「いじめ」でマイル・バンドを退団したのか?

The Riverside Collection [5CD] エヴァンスの功績 ...

Impulse! ~オレンジと黒の革命【2】

グリニッチ・ヴィレッジのアルバート・アイラー text:高良俊礼(Sounds ...

Impulse! ~オレンジと黒の革命【1】

text:高良俊礼(Sounds Pal) オレンジと黒のレーベル 1990年代 ...

ソニー・クラークとその情緒

Leapin' And Lopin' text:高良俊礼(Sounds Pal) ...

春眠暁を覚えずにペッパー

The Return Of Art Pepper text:高良俊礼(Sound ...

ジャッキー・マクリーンをこよなく愛す。ベタなところも全部含めて

Swing Swang Swingin text:高良俊礼(Sounds Pal ...

パーシー・ヒースこそ、モダンジャズベースの教科書なのだ

ハードバップ 私はジャズの中でも、特に「ハードバップ」と呼ばれるスタイルが好きで ...

ジョン・コルトレーンを祀る

text:高良俊礼(Sounds Pal) ジョン・コルトレーン 毎年7月17日 ...

サウス・サイド・ソウル+ナイスン・テイスティ/ジョン・ライト

SOUTH SIDE SOUL + NICE ’N’ TASTY(2CD) たと ...

ジャズ・クラシック・アルバムズ

2012/08/31   音楽

セットもの ベストもの ジャズに興味を持ち始めて以来、私の場合は関心を持ったジャ ...

ブルーノート1500番台との100日

昨年末、発行しているジャズのメルマガが1500号に達したので、1500にちなんだ ...

ルック・アウト/スタンリー・タレンタイン

Look Out オルガンをバックにテナーサックスを吹くタレンタインも良いが、ピ ...

バイーア/ジョン・コルトレーン

バイーア 「コルトレーンのシーツ・オブ・サウンズって何?」 「空間を埋め尽くさん ...

サムシング・フォー・レスター/レイ・ブラウン

Something For Lester シダー・ウォルトン作曲の《オホス・ロホ ...

アウトワード・バウンド/エリック・ドルフィー

Outward Bound かつては『惑星』という邦題で日本盤が売り出されていた ...

「サキコロ」をしゃぶりつくせ!〜ソニー・ロリンズ・名盤の愉しみ方

サキコロ マニア 初心者 “サキコロ”こと『サキソフォン・コロッサス』ほど、マニ ...

リーチ・アウト/ハンク・モブレイ

モブレイとベンソン。 一見、意外な組み合わせに感じるかもしれないが、じつは相性は ...

東国原さん、宮崎の小説家・吉川成仁氏をもっと大々的に宣伝して全国区にしましょうよ!

ジャズが体内に染み込んでしまった人間の短編集 ジャズと文学は相性が良い。 と思い ...

クール・ストラッティン/ソニー・クラーク

Cool Struttin' ハイヒールのジャケットで有名な一枚。 ニューヨーク ...

キャンディド・ドルフィー/エリック・ドルフィー

Candid Dolphy なんといっても、1曲目の《リインカネイション・オブ・ ...

手相を書くと運命変わる?

昨日は、ジャズ三昧でした。 夜中の0時まで、四谷のジャズ喫茶「いーぐる」でジャズ ...

「にわか知識」が音楽鑑賞を干渉する

えーと、先日、渋谷とドビュッシーについて書いたところ、 >ドビュッシーの曲。時々 ...

酒と鳥の日々(日々じゃないけど)

2007/05/29   雑想 雑記

昨日は、友人に誘われて六本木の「鳥良」という店に行ってきました。 パラゴン、A7 ...

チャーリー・パーカーの「謎」が解ける?会

The Complete Dial Masters いやはや、昨日の夜8時ごろか ...

クレイジー・ピープル・ミュージック/ブランフォード・マルサリス

Crazy People Music スティングのバンドに参加していたブランフォ ...

さわりで覚えるジャズ・ヴォーカルの名曲25選

2006/02/21   ,

「おさわり本」発売されました! 「さわり」で気軽にジャズに触れよう! 私が執筆に ...

恋とハシカとジャズは、年をとってからのほうがタチが悪い

ジャズは聴く者の気持ちを鼓舞してくれる要素が多分にはいった音楽だと思う。 ジャズ ...

子育てを、あえて「趣味」と言いきっちゃってみる

今日は、もう一度書いてしまいます。 なぜなら、機嫌がよいからです。 なぜ機嫌がよ ...

ジャズとモテは関係ない。

「ボクは小学生から高校時代まで、ずっとイジめられていた。だけども、家に帰れば、ジ ...

私にとっての2004年という年は、

私にとっての2004年という年は、 ひとこと、映画の年だった。 ふたこと、執筆の ...

マイ・ファニー・ヴァレンタイン/マイルス・デイヴィス

My Funny Valentine マイルス・デイヴィスって人は、ホント、人が ...

ジス・イズ・ホンダ/本田竹曠

2004/03/01   音楽 ,

ジス・イズ・ホンダ ジス・イズ・ホンダ! これが本田だ! はい、わかりました。m ...

ジャズ1956年(日本は昭和31年)

1956年は、モダン・ジャズにとっては一つの黄金時代、もしくは、大きな転機を迎え ...

メモリアル・アルバム/エリック・ドルフィー&ブッカー・リトル

Memorial Album 《ブッカーズ・ワルツ》が大好きな女性がいた。 彼女 ...

テナー・マッドネス/ソニー・ロリンズ

Tenor Madness 昔、寄席に行ったことがある。 お目当ての大御所はもち ...

ジャズのメルマガを発行している。

ジャズのメールマガジンを発行している。 「【Jazz Magazine】《ジャズ ...

ジャズ。楽器をやる人、やらぬ人

楽器をやらない派のジャズ喫茶のマスターがいる。 彼はジャズの雑誌に原稿を書いたり ...

ブッカー・リトル/ブッカー・リトル

Booker Little ブッカー・リトルのトランペットの音色は、常に形容した ...

アワ・マン・イン・パリ/デクスター・ゴードン

Our Man In Paris デックスのぶっ太いテナーが好きだ。 バド・パウ ...

メールマガジンを発行している。

メールマガジンを発行している。 ジャズに関してのメールマガジンだ。 何種類か発行 ...

ネットにジャズを書き続けている。

ジャズのレビューをホームページやブログにアップするなんて今さらやめておけ。 そん ...

ジャズを聴き始めたキッカケ

Monkのページの常連の方からの掲示板への書き込み。  >皆さんはどのようにジャ ...

ブルトン・アプレゲール・テケレッツ「宇宙・ジャズ」live in 六本木Back Stage 1999/12/26

「亡念界」という名のオフ会をバックステージを借し切りにして12月26日に行った。 ...

そうだ、ジャズを書こう!

1999/03/22   音楽 ,

何を書こう? サイトを立ち上げたはいいものの、さて何を書こうと迷っているというか ...