音版「カフェモンマルトル」(YouTube)もやっています♪

とろろ蕎麦

とろろ蕎麦

【年越しそば】信州戸隠そば 自然芋(じねんじょ)そば 乾麺500g 約5人前 [商品番号G-1]信州戸隠そば 自然芋(じねんじょ)そば

とろろが好きなので、とろろ蕎麦も好きだ。

もちろん、冷たい方だ。

鼻にツーンとくるくらい、わさびをたっぷりとかき混ぜて食べるのが良い。

ねばっとしたとろろが、口の中に吸い込まれる蕎麦の勢いに加速をかける。この勢いに乗って、じゅるっとかきこむのが、とろろ蕎麦を食べる大きな愉しみの一つといえる。

食べ終わると、椀の中にとろろが少し残る。

勿体無いので、蕎麦湯を入れて、残りの汁も全部綺麗に飲んでしまう。

蕎麦湯で胃袋がじんわりと暖まる頃、あー、喰ったぁ、という充実感がみなぎってくる。

ただし、昼時にとろろ蕎麦を喰うと3時ぐらいになると腹が急に減ってくるので、私は朝、あるいは、深夜に呑みの絞めとして食べることが多い。

ちなみに、ちょっと変化球的な食べ方として。

自宅で、「とろろ明太子蕎麦」なるものを作って食べたことがある。

とろろと明太子をグジャグジャとかき混ぜ、きざみ海苔をたっぷりとかけて食べたのだが、これが、なかなかいけた。

記:2002/03/21

飲食カテゴリの最新記事