カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

月9『コンフィデンスマンJP』観ながらメモ

   

Pocket

第一話

またもや江口洋介!

1クール前の『BG』には警視庁SP・落合義明の役で出ていたかと思ったら、さらに2クール前の『黒川の手帖』にも衆議院議員の安島富夫役で出ていたと思ったら、今度は悪徳公益財団「あかぼし」の会長・赤星栄介という悪役で出演されておりましたね。

さらに、今回のクールではテレ東のドラマ『ヘッドハンター』の主役も演じるので、とにもかくにも人気俳優は忙しい!

そんな江口洋介、『コンフィデンスマン』の第一話の長澤まさみの対戦相手で、今回限りの出演だろうけど(次週の長澤まさみの敵役は吉瀬美智子)、少なくとも今回の役が一番、江口洋介のトンガリ耳には似合っていたんじゃないかな?

「ゴッドファーザー」的な貫禄はないけれども、十分にワルい感じは出ておりました。

肝心は本編なんだけど、ずいぶんとコミカルな内容と展開だと思っていたら、脚本は古沢良太。

古澤良太といえば『リーガル・ハイ』の脚本家としても有名ですね。
なるほど。

さ、バド・パウエルの《ストリクトリー・コンフィデンシャル》でも聴くか。

プライベート録音のパウエルのピアノ、荒いところやミスタッチも多いんだけれども、それも含めてリラックスした感じがたまらなく良いんですよね。

第二話

長澤まさみが演じるダー子は、相手を騙すためなら、猛勉強をして様々な職業に就く努力の人でもあります。

第一話ではCAの勉強をして短期間でキャビンアテンダントになりすましました。
もっとも偽の航空会社の偽CAではあるけれども、キャビンアテンダント特有の立ち居振る舞いはそれっぽくマスターしていましたね。

そして第二話では、猛勉強をして吉瀬美智子が社長を張るリゾート会社に中途入社を果たし、さらに短期間でリゾート王・吉瀬美智子の側近にまでなっています。

その昔、TSUTAYAでDVDをレンタルした際、5枚で1000円だったのですが、観たい映画やドラマが4枚しかなく、あともう1枚、何をか借りようかと思った際、ふと目についたのが当時、電車の窓際の宣伝シールなどで盛んに宣伝していた深見東州の『強運』の講演映像があったので、なんとはなしに借りて見たことがあります。

深見東州の『強運』は、当時、様々な書店のロングセラーのランキングにもランクインしていたこともあり、なんだか創価学会や幸福の科学のような新興宗教が発行している本に共通した表紙のテイストから、なにやら胡散臭い感じもしたので、また、深見東州氏といえば、みすず学苑の学長である半田晴久氏の別名でもあり、みすず学苑という塾(予備校?)の電車の窓際の宣伝シールも毎回、プリンや日本武尊が登場する胡散臭いデザインだったため、そういうイメージも手伝って読むのを躊躇ってはいたのですが、DVDなら読む手間も省けていいかなと思って軽い気持ちで見てみたんですね。

このDVDは深見東州氏の講演が収録された内容だったのですが、講演の冒頭で印象深い一言を放っていました。

曰く「悪人ほど念力が強い」。

ま、この言葉のみからでは、その意味するところは、悪さをして心を強くしようってこと?とか、親鸞の「悪人正機」説のこと?だったりと色々と誤解されそうですが、その意味するところは、要するに悪人ほど自分の欲望に貪欲なために、ありとあらゆる努力をする⇒だから我々善人はその悪人のパワーに負けぬほど努力をしなければならない、ということです。

たしかに、「猛烈にお金が欲しい!」と思っている人は、ありとあらゆる金儲けの方法を考えるでしょうし、ガムシャラに働くことも厭わないでしょう。
時には「オレオレ詐欺」や「サポート詐欺」などの犯罪ビジネスモデルを産み出すこともあります。

こういうことって、おそらく「お金に興味がありません」と言っている人や、「そこそこの暮らしが出来れば、自分はそれで幸せ」と考えている人には考え付かないでしょうし、そもそも考えようともしないでしょう。
たとえ「そういう方法」を知っていたとしても、現状に満足している「善」なる人は、行動に移さないと思います。だって、バレたら逮捕ということもありますが、それ以上に、面倒くさいし、人並以上の行動力が必要なことが多いので、わざわざそこまでする頭も身体も酷使する必要はないと考えてしまいがちだからです。

こういうある意味ノホホンとした善人よりも、あの手この手を考えてマメに行動を繰り返す「悪人」のほうが、その「念」においても「行動力」においてもエネルギーの量が違うわけで。

たとえば、『仮面ライダー』のショッカーや、『ヤッターマン』のドロンボー。
いつも私、彼ら「悪の組織」を偉いなぁと思っている点があります。
それは、毎週主人公にやられても、懲りずに翌週には新しい企画を考え、それを実行に移すだけけの行動力を持っているからです。

一度や二度の失敗には懲りず、常に新しい切り口の悪事を考えては迅速に行動に移しているわけです。

そんな人たちは、やっぱりエネルギーが違う。そういうことを「念」という言葉で表現しているんだなと私は解釈しました。

『コンフィデンスマン.jp』の長澤まさみを見ていたら、深見東州(半田晴久)の「悪人ほど念が強いという言葉を思い出しました。

このパワーを、真っ当なビジネスや、研究に打ち込んだら、すごい成果を収めるだけのものを資質と集中力を持ったキャラクターなんですよね。

そういえば、先ほど「ヤッターマン」を引き合いに出しましたが、なんだか長澤まさみがドロンジョに見えてきた(笑)。
そうすると、東出昌大や小日向文世がボヤッキーやトンズラに見えてきた。

ドロンボートリオの凄いところは、毎週新しいメカを作るための資金稼ぎのために、毎週新しい詐欺まがいの商売をはじめ、実際ガッポリと稼いでいるところです。
この能力とエネルギーの使い道さえ間違えなければ、この3人は、類まれなる商才を持ったビジネスマンになっていたに違いありません。

ドロンボーのトリオは、世界のどこかに眠るドクロストーンを発見するという遠大な目標を達成するために、毎週ヤッターマンにやられながらも、懲りずにドクロストーンをゲットするためのマシンを作るための資金稼ぎをやってのけています。
その一方で、『コンフィデンスマン』のトリオにはそのような共通した目標がありません。
お金そのものが目標、あるいは金儲けをしてふんぞり返っている成金たちに一泡吹かせるのが目的のようにも見えます。

そのあたりが両者の異なるところではありますが、いずれにしても両者の(特に長澤まさみの)お金を騙し取るまでの筋書き考える頭脳と、それを達成するために様々な職業の人間になりきる行動力はハンパないと思います。

やってることは詐欺ですから犯罪。
犯罪は悪ですから、犯罪を犯している人は悪人。

そんな「悪人」ほど念力が強い。
まさに深見東州氏の言葉を裏付けている人物像でありましょう。

~つづく

 - ドラマ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。