カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

ドラマ版『海月姫』観ながらメモ

   

Pocket

第1話 石田ゆり子大臣

篠原良子主演の『民衆の敵』に続く月9ドラマは、なんと『海月姫』。

2014年の年末に能年玲奈(現在の芸名は「のん」)が主演の映画が公開されたことは記憶に新しいが、なぜ、今、再び『海月姫』なのか。

そんなに映像化しやすい題材なのか?
だとしたら、今後、韓国も韓国版『海月姫』をドラマ化するのかもしれない?!

その理由や真相はさておき、過去に映画版の『海月姫』を観ていると、どうしても無意識に頭の中で比較をしながら見てしまう自分がいる。

いや、比較をしなくても天水館の住人や、鯉淵家の人々のキャラ設定やルックスは、映画版と瓜二つだぞ。

もっとも映画版に近づけようとしたがためのキャスティングではなく、おそらくは原作のコミックのキャラに近づけた結果、このような映画と似たキャスティングになったんでだろうね。

海月姫(1)

倉下月海を演じる能年玲奈(現在はのん)のイメージがまだ頭の中に鮮明に残っているためか、正直、今回の倉下月海役の芳根京子らしさというか魅力がまだ掬い取れない第一話だった。

まだ第一話だけでは、なんともいえん。



スポンサーリンク



第2話 レクサス

第2話も、ほぼ映画と同様の展開。
というより、ほぼ原作に忠実と言うべきか。

映画では鯉淵家お抱えの運転手は速水もこみちでベンツのドライバーだったが、ドラマのほうでは要潤。
そして運転する車はレクサスになっている。

暇さえあれば車体をピカピカにすべくボンネットを毛ばたきで掃除しているキャラは同じだけれども、乗っている車が違う。

車種を日本車に換えたのはのは、今後、月9のスポンサーにトヨタを呼び込むための先行投資なのかな?

第3話 飛び散る真珠

ほぼ、原作(と映画)どおりの展開。

結果オーライだからいいんだけど、通常は、人ん家に飾られている真珠のネックレスは、勝手に引きちぎらないほうが良いよん。

ま、今後のストーリーが展開するにあたっての重要な布石(アイデア)となるシーンなので、これくらいの演出は必要という判断なんでしょうね。

第4話 松井玲奈の新幹線

松井玲奈の新幹線好きは有名だが、その片鱗をチラリと見ることが出来た回だった。

新幹線模様の服をデザインスケッチをしていたからね。

分かる人にはわかるニヤリとさせられる回だった。

第5話 要潤

要潤が大活躍(?)の回だった。

今となっては、様々な映画やドラマ、CMに出演し、日本の男性俳優においては中堅どころのポジションに立つ一人といっても良いだろう。
しかし、そのような彼も、デビュー当初の演技はかなり硬かった印象がある。

そう、『仮面ライダーAGITO』の氷川誠の役ね。

警察官であり、アンノウンと戦うためにライダー型のパワードスーツ「G3-X」を装着して闘う役。
変身はしないけれども、彼もヒーローの一人ではあった。

『アギト』の前番組である『クウガ』のオダギリジョーあたりから、イケメン俳優見たさで、子どもと一緒にテレビを見るお母さんが急増したが、彼もその中の一人だったといえる(ピークは次の番組の『龍騎』か)

要潤が演じる氷川誠という人物は、もちろん熱い正義感を持ってはいるが、いかんせん不器用で無骨という設定もあったことも手伝い、演技面においては、先述したとおり硬さが目立っていたということは否めないが、そんな硬かった彼だからこそ活きたセリフがある。

最終回近く、ラスボスを圧倒するG3-X(を装着した要潤)に対して、敵が「お前はアギトではない…何者だ!?」 という。
それに対してのセリフがカッコいい。

「ただの人間だ!」

このセリフには痺れたね。

マスクを装着してのセリフなので要潤本人の顔、表情は見れないのだが、あのセリフ、あの声だけでも十分に感動的。

今でも、このシーンを思い出すたびに奮い立つ自分がいる。

~つづく

関連記事

>>海月姫/鑑賞記

 - ドラマ , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。