カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

『宮本から君へ』観ながらメモ

   

Pocket

第一話

コミックの原作を読まないまま、なんとはなしにドラマ版の『宮本から君へ』を観ています。

主人公の宮本を演じるのは、池松壮亮。

昔、実写版の『鉄人28号』(監督:冨樫森)で金田正太郎を演じていましたね。

その時に出ていた阿部寛や蒼井優、あれから13年以上経っているというのに、それほど変化がないのはある意味凄い。

なんだか池松壮亮だけが成長して大人になっちゃったって感じですね。

大人になった池松壮亮は、最近だと『デスノート Light up the NEW world』の竜崎役で注目を浴びていましたが、他にも『海を感じる時』(監督:安藤尋)や『だれかの木琴』(監督:東陽一)など、どちらかというと、ちょっと屈折して女に冷たい(よそよそしい)役を演じることが多い俳優かなぁとなんとはなしに思っていたのですが、今回の宮本はどちらかというと暑苦しいところもある不器用な社会人の役。

とりあえずは、文具メーカーの営業マンって大変だなぁと思いました。

関連記事

>>鉄人28号/試写レポート

第二話

第一話に引き続き、文具メーカーの営業マンって大変だなぁと思いましたね。

それにしても、朝の通勤ラッシュであるはずの時間帯の西武池袋線の西所沢駅ってずいぶん空いているなぁ。

あれ? 駅名を見ると「よよぎ」になっておりますな。池松壮亮も華村あすかも埼玉県のベッドタウンではなく都内の比較的職場(飯田橋)に近い場所に住んでいるという設定なのでしょう。

ところで「据え膳食わぬは武士の恥」の真逆をいきましたね、今回の宮本は。
私も過去に似たようなことが何回かあったので、まあその気持ち、わからんでもありませんが。

後々のことを考えると理性がストップをかけちゃうんですよね。

~つづく

 - ドラマ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。