カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

金曜ドラマ『執事 西園寺の名推理』観ながらメモ

   

Pocket

第一話

『BG』ではキムタクの上司を演じ、凶弾に倒れ死亡した上川隆也が今度は執事となって蘇った!

さすが元シティ・ハンター・冴羽獠!

それにしても、執事モノの作品って多いですよね。

前クールのドラマ『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』に登場した浅野和之と千葉雄大をはじめとして、月9の『貴族探偵』も相場くんは執事に推理させていたし、ディーン藤岡が執事を演じた『IQ246~華麗なる事件簿~』や、櫻井翔が執事を演じた『謎解きはディナーのあとで』という作品もありましたね。

映画(や漫画)では『メイちゃんの執事』や『黒執事』という作品がありましたね。

そういえば『リーガル・ハイ』の服部さんも執事、……いや、事務員という設定でしたね。
いや、事務員というよりは仕事ぶりが超・執事級なところもあったので。

その服部さんを演じた里見浩太朗は、今回のドラマで上川隆也が執事を務める伊集院家の当主・八千草薫の亡くなった旦那役でした。

いずれにしても、「執事モノ」って、刑事モノ、法廷モノ、医療モノほどではないにしても、ドラマや映画などでは一定の間隔を置いて取り上げられるネタの一つではあります。

このドラマでも刑事役の佐藤二朗が作品に対してのセルフ突っ込みと思しきセリフがありますが、現代の日本において執事を雇える家ってどれくらいあるんでしょうかね?って感じではありますが、逆に多くの人が執事と執事を雇っている家のことを知らないからこそ興味をかき立てられる題材なのかもしれません。

さてさて、第一話から完璧な執事っぷりと、推理力を見せつける上川隆也には何やら過去がありそうです。
ラスト近くで古谷一行が手にしていた彼の過去の写真は、なにやら犯罪チックな匂いと目つきが冴羽獠チックでありました。

まさかスナイパーから転職して執事になったとか?(なわけはない)。

関連記事

>>『BG~身辺警護人~』観ながらメモ
>>『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』観ながらメモ

 - ドラマ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。