カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

『デトロイト・メタル・シティ』で腹痛をまぎらわす

      2018/01/09

Pocket

皆様、ご心配をおかけしていますな息子の腹痛ですが、なんとか快方に向かっているようです(と思いたい)

月曜日の夜から、少しずつ痛みは軽減されてきているようではありましたが、病院からは、まだ食べ物の問題があるから、給食で肉など消化の悪いものが出てぶりかえすのも難だから、とりあえず火曜日は学校を休ませて消化のよいものを食べさせるようにと指示をうけていたので、先日の火曜日は学校を休ませ、今度は私が1日つきそってました。

お粥とかうどん、野菜を煮込んだものを食べさせてました。

ただ、私も小学校高学年のときにはヨーレン菌感染症で、何度か学校を休み家で寝ていたことがあるのでわかるのですが、学校を休んでじっと一人で天井みながら寝ていると、どんどんネガティヴなことを考えがちになってしまうんですね。

ネガティヴな考えがさらにネガティヴな考えを呼び、自分が世界で一番不幸だと錯覚しがちになる。

だから、体が弱っているときって、あんまり自分と向かい合うようなことはせずに、テレビみたり本読んだりをして、気をまぎらわせていたほうが良い、だから、昨日は、かねがね息子が見たがっていた『デトロイト・メタル・シティ』に連れてゆき、爆笑させて気をまぎらわせました。

あ、『D.M.C.』は、結構面白かったですよ。

サクサクと小気味良いテンポでストーリーが進行してゆき、松山ケンイチも加藤ローサも松雪もジーン・シモンズもみんなイイ感じでした。

記:2008/09/03(趣味?ジャズと子育てです)

 - 映画 ,