カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

心あたたまる映画2つ観ました。ひとつは『オリヲン座からの招待状』、もうひとつが『once ダブリンの街角で』。

      2018/01/09

Pocket

今週観た試写の中で、心あたたまる映画を2つ紹介します。

一つは、「オリヲン座からの招待状」。

olionza

ポッポヤの浅田次郎原作の同名小説の映画化。

こういうストイックでベタなラブストーリーは、大の苦手なんだけど、というか、ちょっと信じられないんだけど(笑)、やっぱりラストシーンは、俺の心の中でのジーン!度、20%!!

東映系映画館で、11月3日よりロードショー!

お、11月3日といえば、『ALWAYS 続三丁目の夕日』もこの日からの上映だっ!

もうひとつが、『once ダブリンの街角で』。

dablin

これはいい。

音楽がいい。

すごくいい。

ソウルを感じた。

黒人とは別種の。

U2に、「魂の叫び」ってあったけど、まさにそんな感じ。

恐るべし、ケルトパワー。

彼らは音楽の民族だ。

黒人がリズミックなソウルだとしたら、ケルティッシュはメロディックなソウルだ。

ストーリー的には、ジーンど12%ぐらいだが、音楽のジーン度は、一気に81%だぜ!

これも、11月3日からの上映。

11月3日、渋谷シネアミューズほかで、全国順次ロードショー。

ジャンル問わず音楽好きは、観なきゃモグリだぜ。

おしまい。

記:2007/10/03

 - 映画 , ,