なんとはなしに『ロック・スター』を観てみました。 - カフェモンマルトル

カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

なんとはなしに『ロック・スター』を観てみました。

      2018/01/09

Pocket

ジョージ・クルーニーが製作総指揮を担当した映画『ロック・スター』。

なんとはなしに借りて見たら、わりと良かった。

ロック・スター [DVD]ロック・スター [DVD]

このようなベタなストーリーもわりと嫌いじゃない。

あと、ハードロック、メタル好きにも響く内容なんじゃないかな?

「ちょっと小便してくる」

決められたレールから外れる生き方、私は応援します。

そういえば、うちの息子も最近、「毎日が退屈だ、決められたレールの上を歩いているようだ」なんて生意気なことを言い始めているという(笑)。

「つまらないのはお前が面白く生きようとしないからだ」と言っといたけども、環境から抜け出す・抜け出さないの選択肢を持っていない子供にとっては、大人よりは不自由だとも思ってもいる。

私だって息子と同じころは、決められた毎日から抜け出したくてたまらなかった。

でも義務教育だからね、学校と家の往復はしなければならない。

だからひたすら本読むか、マンガを描くか、門限時間を1時間ほどオーバーして遊ぶか、それぐらいしか抵抗手段がなかったからなー。

というより、決まりだらけでガンジガラメになると逃げたくなるところは、親(=私)の遺伝なのかもしれない(笑)。

記:2008/12/10(from「趣味?ジャズと子育てです」)

 - 映画 , ,