カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

ルームロンダリング 7/7(土)ロードショー

   

Pocket

about

ワケあり物件、浄化します。

部屋に居座るお悩みだらけの幽霊との出会いが、こじらせオカルト女子の人生を変える!?

池田エライザが訳あり物件を浄化するオカルト女子を演じた、ちょっぴり前向きな気持ちになれる、クスっと笑えるコメディ!!

新たな映像クリエイターの発掘を目的とし、オリジナルの優れた企画を募集するコンペティション「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM2015」にて第1回準グランプリを受賞した企画の映画化。

主人公の御子を演じるのは、映画『みんな!エスパーだよ!』のヒロインに抜擢されて以降、女優として躍進著しい池田エライザ。

御子にワケあり物件の部屋を手配する不動産屋の叔父・悟朗役にオダギリジョー、その他に渋川清彦、健太郎、光宗薫らバラエティ豊かなキャスト陣が名を連ねる。

崔洋一、廣木隆一らの元で助監督を務めてきた片桐健滋の長編映画監督デビュー作!

story

18歳で天涯孤独の身となってしまった八雲御子。

そんな御子の前に叔父の雷土悟郎が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることになった。
そのアルバイトとは訳あり物件に住み、部屋の履歴を帳消しにする「ルームロンダリング」という仕事だった。

このアルバイトを始めたことで、いつからか幽霊が見えるようになった御子は、部屋に居座る‟この世に未練たらたらな”な幽霊たちと奇妙な共同生活を送り、彼らのお悩み解決に奔走させられる。

そんな中で御子は失踪した母親と再会を果たすが……。

data

監督:片桐健滋
脚本:片桐健滋、梅本竜矢
キャスト:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫、木下隆行、つみきみほ、田口トモロヲ、渡辺えり、オダギリジョー
製作年:2018年
製作国:日本
配給:ファントム・フィルム
上映時間:109分
映倫区分:G

記:2018/04/09

 - 映画