カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

坂道のアポロン 2018/03/10(土)全国ロードショー

      2018/01/18

Pocket

about

『このマンガがすごい!2009』オンナ編第1位・第57回小学館漫画賞一般向け部門……

ジャズに魅了された高校生たちの青春を描き、2012年にはノイタミナでテレビアニメ化もされた小玉ユキの同名人気漫画を、知念侑李、中川大志、小松菜奈の共演で実写映画化。監督は、「青空エール」「ホットロード」など数々の漫画原作映画を手がける三木孝浩。

知念侑李が薫役、中川大志が千太郎役、小松菜奈が律子役を演じるほか、ディーン・フジオカ、真野恵里菜らが脇を固める。

あらゆる世代の、青春時代を経験したすべての人の胸を熱くする必泣の感動作が実写映画化!



スポンサーリンク



story

医師として病院に勤める西見薫(にしみ・かおる)。
忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。

そこには笑顔の3人の高校生が写っていた。
10年前の夏、二度と戻らない、特別なあの頃--。

あの夏、転校先の高校で薫は、誰もが恐れる不良、川渕千太郎(かわぶち・せんたろう)と運命的な出会いを果たす。

荒々しい千太郎の幼なじみの迎律子(むかえ・りつこ)と三人で過ごす日々。

ジャズのドラムを叩く千太郎と、幼いころからピアノを弾いていた薫は音楽でつながり、千太郎の幼なじみの迎律子を交えた3人で過ごす日々の中、やがて薫は律子に恋心を抱くようになっていた。

やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子が恋焦がれるのは千太郎であることを薫は知ってしまう。

切ない三角関係ながら、千太郎とのセッションを楽しむ薫。
二人で奏でる音楽はいつも最高だった。

しかし、そんな幸せな青春は長く続かず、ある日、千太郎が薫と律子の前から突然姿を消してしまう。

data

監督:三木孝浩
原作:小玉ユキ
脚本:高橋泉
主題歌:小田和正
キャスト:知念侑李、中川大志、小松菜奈、真野恵里菜、山下容莉枝、松村北斗、野間口徹、中村梅雀、ディーン・フジオカ
製作年:2018年
製作国:日本
配給:東宝、アスミック・エース
上映時間:120分
映倫区分:G

記:2017/12/19

関連記事

>>坂道のアポロン/試写会記

 - 映画 , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。