カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

『子宮の記憶』の試写を見て、やはり松雪は、はすっぱな女性よりも薄幸な女性が似合うと思った

      2018/01/09

Pocket

SANYO DIGITAL CAMERA

SANYO DIGITAL CAMERA

昨日、松雪泰子主演の『子宮の記憶』の試写会に行ってきました。

試写会はひさびさだ。
あぁ、もっと映画みたい。
でも、なーんだか最近、ダラダラと予定がはいってしまい、試写会は行けずじまい。

これは、とてもよくないことです。

藤田宜永の小説を映画化したものですが、松雪ファンには「たまりわせんわん!」な映画です。

ちなみに、「たまりませんわん!」というセリフは、『マカロニほうれん荘』という漫画に登場するルミたんという女子大生の口ぐせです。

小学校の頃の私は、カワイセクシーなルミたんに「たまりませんわん!」でした。

松雪主演の映画といえば、最近だと『フラガール』が記憶に新しいところですね。

でも、個人的な好みから言えば、『フラガール』より『子宮の記憶』の松雪のほうが「たまりませんわん」であります。

なーんか、はすっぱで気丈な松雪もイイけど、個人的には、薄幸さがにじみ出た暗い感じの松雪のほうが「たまりませんわん」なのであります。

たとえば、中居君が主役を演じたテレビドラマの『砂の器』の松雪は良かった(笑)。

「ワタシ、不幸あるよ」な空気がプンプンにじみ出ている風貌がとても「たまりませんわん!」でした。

こういう女性となら心中してもいいよなぁ、なんて、あらヤダ、ワタシ、何考えてるのやら。

基本的にノーテンキな脳味噌ゆえ、あまり人生についてとか、男と女についてなんてテーマでは思い悩まない私。

そんな私にも「悩みがあまりない」というコンプレックスがあります。

だから、贅沢かもしれないけれども、4つぐらい悩みが欲しい(笑)。

それこそアタマを抱えてしまいそうな。

そんな私の悩みがないという悩みを解決してくれそうなのが、薄幸そうな役を演じる松雪。

薄幸キャラの松雪と、北風吹きすさぶ日本海側の寒村で暮らしたい。「北の国から」よろしく、羅臼でもいいや(笑)。

ギリギリの生活費でギリギリの生活。私はいつも「この都会のもやし野郎はよぉ」と地元の猟師さんや、腕っぷしの強い男たちにいじめられます。

少ない給料をもらい、とぼとぼと小さく、今にも壊れてしまいそうな家に帰ると、美しい妻(もちろん松雪の薄幸キャラバージョンです)がいる(笑)。

二人で、爪の先に灯りをともすような生活をしながら、ささやかなシアワセをかみしめる、外は雪だよ日本海。荒波、嵐潮、最果て岬。あれ、なんで岬だ?

こういう生活を送らざるを得なくなれば、「悩みがないのが悩みだ」だなんて贅沢な悩みは言ってられないことでしょう。

あ、ちなみに、映画は最果て冬の日本海じゃありません。

舞台は、南の島です。沖縄です。

ここの食堂で働く松雪、いい感じなのです。

食堂といえば、『フラガール』で、炭鉱の町の食堂でビールを飲みながら、ひとり晩飯を食べる松雪はカッコよかったなぁ。

しかし、『子宮の記憶』の松雪は、このような颯爽とした強さはなく、いやはや同一人物とは思えないほど。

だんだんと書いていながら、書いていることが分からなくなってきたので、今日はここまで。

といっても、明日つづきを書くわけでもありませんが。

そうそう、肝心の感想ですが、おもしろいか、つまらなかったかぐらいは書いておきましょうね。おもしろかったです。

全然関係ないかもしれないけど、映画の『人間の証明』を思い出しました。

『子宮の記憶』は、2007年1月13日、シネスイッチ銀座にてロードショーです。

観にいこう!

子宮の記憶/ここにあなたがいる [DVD]子宮の記憶/ここにあなたがいる [DVD]

記:2006/12/01

 - 映画 , ,