カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

青の帰り道 12/7(金)新宿バルト9ほか全国順次公開

   

Pocket

about

もしも僕が天才だった。

実際の時代背景を軸に描かれる、リアリティ溢れる青春物語。

歌手を夢見る主人公カナを演じたのはハロー!プロジェクトで歌手活動を行っていた頃から、演技力が注目され、現在は女優として活躍する真野恵里菜。

カナの親友キリ役には、映画『桐島、部活やめるってよ」で注目を集めた清水くるみ。

唯一硬派でやんちゃなキャラクターリョウを演じたのは、「虹色デイズ」「愛唄」など話題の主演作が続き、その演技力に注目が集まる横浜流星。

カナとともに音楽を愛する青年、タツオを演じたのは、「ちはやふる」シリーズ(16・18)で知られる森永悠希。地元に残り結婚したコウタとマリコには、戸塚純貴と秋月三佳。

現役で大学進学を果たし希望に満ちて都会に出ていくユウキには、冨田佳輔と、まさに今もっとも旬な若手キャストが終結。

さらに、キリの花には、工藤夕貴、タツオの父には平田満といったベテラン俳優が脇を固めます。

本作でメガホンをとったのは、伊坂幸太郎原作の映画『オー!ファーザー』で長編デビューを果たし、2019年には山田孝之プロデュース映画『デイアンドナイト』の公開が控える藤井道人監督。

大人への階段を上っていく7人の若者たちの人生を、瑞々しく描き切った、まさに青春物語の金字塔ともいえる作品が誕生しました。

story

前橋と東京を舞台に、地元に残った者、夢を追って上京した者……。

群馬県前橋市で生まれ育った男女7人の若者たちが、夢や現実と葛藤し、自分たちの求めている場所を探すため必死に生きる。

それぞれの人生が交錯し、過去の思いを胸に抱きながら、新しい未来へ向かって進んでいく。

data

監督:藤井道人
原案:おかもとまり
脚本:藤井道人、アベラヒデノブ
キャスト:真野恵里菜、清水くるみ、横浜流星、森永悠希、戸塚純貴、秋月三佳、冨田佳輔、工藤夕貴、平田満
製作年:2018年
製作国:日本
配給:NexTone

12/7(金)新宿バルト9ほか全国順次公開

 - 映画