カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛 10/6より新宿バルト9ほか全国公開

   

Pocket

about

花に狂い、愛に狂う。
フェルメールの世界から生まれた物語。

若き肖像画家が恋に落ちたのは、依頼主の妻だった。

愛を貫くため-画家はその才能と引き換えにすべてを花に賭ける

「フェルメールの絵画の世界を小説にしたい」という原作者の思いから生まれたベストセラー小説を『ブーリン家の姉妹』のジャスティン・チャドウィック監督と『恋におちたシェイクスピア』でアカデミー賞を受賞したトム・ストッパードの脚本により映画化!

絵画のような映像美と官能的な描写になっているこの映画の予告編に、一部のテレビ局が放送禁止の判断を下したことも話題の作品です。

story

17世紀オランダ、人々は投資や収集に熱をあげており、なかでも“絵画”と“チューリップ”が大ブームだった。

希少な品種の球根1個が邸宅1軒分に相当し、世界最古の経済バブルとして知られる「チューリップバブル」がピークを迎えていた。

親子のように年の離れた裕福なコルネリスと結婚したソフィア。

二人の間に燃えるような愛はなかったが、修道院で育った彼女にとって、初めて味わう豊かで安定した暮らしだった。

そんな中、夫が夫婦の肖像画を無名の画家のヤンに依頼する。

キャンパス越しに見つめ合うヤンとソフィアが恋におちるのに時間はかからなかった。

若く情熱的な画家と、許されない愛を貫きたいと願ったソフィアは、ある計画を思いつく。

しかし、ヤンが二人の未来のために、希少なチューリップの球根に全財産を投資したことから、運命が狂いはじめる……。

data

監督:ジャスティン・チャドウィック
製作:アリソン・オーウェン、ハーベイ・ワインスタイン
製作総指揮:ポール・トライビッツ、ボブ・ワインスタイン、デビッド・C・グラッサー、ジャスティン・チャドウィック、クリストファー・ウッドロウ、モリー・コナーズ、マリア・セストーン、サラ・E・ジョンソン、パトリック・トンプソン、ローリー・マクドナルド、ウォルター・パークス
原作:デボラ・モガー
脚本:デボラ・モガー、トム・ストッパード
撮影:エイジル・ブリルド
美術:サイモン・エリオット
衣装:マイケル・オコナー
編集:リック・ラッセル
音楽:ダニー・エルフマン
キャスト:アリシア・ビカンダー、デイン・デハーン、ジュディ・デンチ、クリストフ・ワルツ、ジャック・オコンネル、マシュー・モリソン、カーラ・デルビーニュ、ザック・ガリフィアナキス、ホリデイ・グレインジャー、トム・ホランダー、ケビン・マクキッド、ダグラス・ホッジ、ジョアンナ・スキャンラン
原題:Tulip Fever
製作年:2017年
製作国:アメリカ・イギリス合作
配給:ファントム・フィルム
上映時間:105分
映倫区分:R15+

2017年10月6日(土)より新宿バルト9ほか全国公開

記:2018/06/26

 - 映画