カフェモンマルトル

text:高野雲

*

HGCEフォースインパルスガンダム 1/144制作レポート

      2017/08/13

Pocket

購入!HGフォースインパルスガンダム 1/144

フォーインパルスガンダムのボックスアートがカッコよかったので思わず衝動買い。

ヨドバシカメラアキバ館では1,590円。
アマゾンだと1,436円。

相変わらずAmazonは安いな~。

素組みでいくか、がっつり塗装でいくか、現在思案中。

というより、悩み中……。
(/ω\)

そういえが、SEED系のガンプラにトライするのは、はじめてです。

箱の中身

フォースインパルスガンダムの箱の中身。

ランナー、シール、設計図、クリアパーツです。

無塗装でいこうかなと考えていますが、青とグレーの成型色がちょっと、軽いかな?と感じました。
┐(゚~゚)┌

ここの青のパーツだけ、部分塗装をしようかなと現在考え中です。

SEED系のガンプラを作るのははじめてなので、色々と考えてしまいます。

(ちなみに、ガンダムシードは全話みましたが、シードデスティニーは、途中までしか見ていないのでした)

顔パーツ​

フォースインパルスガンダムの顔パーツです。

目のシール貼るのが、相変わらず細かくて大変だったわ~。
(もう老眼?!)

白いパーツには、軽くスミ入れしています。

タミヤのスミ入れ塗料・ダークブラウンで。

TAMIYA スミ入れ塗料(ダークブラウン) タミヤメイクアップ材シリーズ No.140
TAMIYA スミ入れ塗料(ダークブラウン)タミヤメイクアップ材シリーズ No.140

白サフ吹き​

基本、無塗装でいこうと考えているガンダムSEED Destiny、フォーインパルスガンダムのHGですが、一部、色を変えようと思い立ち、

C1とC2、それとD1のランナーの一部を部分塗装してみようと思います。

まずは、そのランナーを部分塗装。

タミヤの白サフ(白いサーフェイサー)を吹いてみました。

これで3回吹き。

サフ吹きは、一度にやろうとせずに、控えめに、控えめに何度も、何度も分けてシュッ、シュッと吹かないと、ボテッと厚ぼったくなる上に、ひどい時は、時パテが垂れてきちゃいますからね。

【 タミヤ ファインサーフェイサー L ( ホワイト )】180ml缶入り #TS044/ きめ細かい滑らかな仕上がりが特長です。タミヤ ファインサーフェイサーL(ホワイト)

まだ下地の成型色が見えていますが、ま、こんな感じでいいかな、って感じで。

乾いたら、チェンジしたい色に塗ってみます。

マスクと白いアンテナ​

HG フォースインパルスガンダムの口元のマスク(?)を取り付けました。

取り付ける前に、ランナーに部品が付いた状態で軽くスミ入れ。

小さい部品なので、散らかった部屋で手をすべらすと、二度と出てこない可能性も?

ガンダムの顔、特にHGを作っている時は、最新の注意が必要です。

あと、隣のV字アンテナは、裏面の肉厚になっているところは、ニッパーでカットして、ペーパーがけをしています。

頭部に蛍光グリーンを塗装​

フォースインパルスガンダムの頭部のカメラ、それともセンサー?

よくわからないけれども、目の上の部分の四角のところと、後頭部の小さな四角い箇所に、蛍光グリーンを塗装しました。

面相筆の筆先1/3まで、塗料をちょこっとつけて、パーツの部分にちょこっと乗せる感じ?

ちょっと明るすぎたかな~?

まあいいや、作りながら調整していこう。

ミッドナイトブルーで塗装​

フォースインパルスガンダムの青色のランナー、先日、白いサーフェイサーを吹きましたが、乾いた後に、ミッドナイトブルーを筆塗りしました。

ミスターカラーのミッドナイトブルーは「光沢」なので、フラットベースを混ぜています。

薄め液で2倍ほどに薄めて、ささっと一回塗り。

下地が見えても気にしない、気にしない。
(・∀・)b

ミッドナイトブルーを塗装2回目+フラットクリアをスプレー​

フォースインパルスガンダムの青と一部の赤ランナーに、白サフを吹き、その後、ミッドナイトブルーにフラットベースを混ぜたものをサクッと筆塗しましたが、その後、乾いた後に、二度目のミッドナイトブルーの筆塗り。

これで、下地が見えなくなったね。

で、乾いた後に、タミヤのフラットクリアをシュッと吹きつけ。

で、こんな感じ。

あんまり、つや消しにならなかったけどね……。

顔を作る​

フォースインパルスガンダムの顔の制作!

顔というか、頭部ユニットというのかな?

目と口のパーツと、顔の輪郭!

顔デケぇ~!目と口のユニット小せぇ~!

で、前後に分割されたパーツをくっつける!

白のV字アンテナも取り付け!

で、ついでに黄色いアンテナも取り付け!

なんだかゴージャスな額まわりになってきました。
(・∀・)b

黄色いアンテナ、エナメルでパキンと崩壊!​

フォースインパルスガンダムの顔。

エナメルで軽くスミ入れをいれをしたら、

わっ!

パキン!

黄色いアンテナのパーツが割れた!
w(゚ロ゚;w

けっこう薄いパーツだし、瞬間接着剤で直そうと思ったんだけど、

ないなら無いでいいかな、と。

これはこれで、結構ハンサムではないか。

顔面崩壊!恐るべし!エナメル塗料​

フォースインパルスガンダムの顔を組み立てて、タミヤのスミ入れ塗料のダークブラウンを流し込み、しばらくキットの箱の中に放置して、久々に取り出したら、

ゲゲッ!

フォースインパルスガンダムのおでこの部分のプラスチックがパキンッ!と割れていました。

触ってみたら、ポロリとパーツが崩壊、おデコの箇所のプラスチックがポロリと取れてしまいました。

恐るべし!
エナメル塗料。

一応つや消しトップコートを吹いた上でエナメル系塗料を流し込んだのですが、やっぱり大量の流し込みは禁物ですね。

いままで、エナメル系塗料がプラを侵食して、壊れてしまった経験は数知れず。

個人的には、エナメル系塗料は筆で塗る際は伸びが良いので好きなんですけど、でも、プラスティックを脆くするので、慎重に使わないといけませんね。

TAMIYA スミ入れ塗料(ダークブラウン) タミヤメイクアップ材シリーズ No.140TAMIYA スミ入れ塗料(ダークブラウン)

バンダイから破損部品の補充が到着!​

フォースインパルスガンダムの顔にスミ入れをしたら、顔のおデコがパカーンと割れてしまったので、設計図にある部品注文パーツをコピーして、V字アンテナと、顔の割れたパーツを注文しました。

部品各1個は40円なので、合わせて80円。
あとは送料の120円。

あわせて200円。

この200円を定額小為替と部品注文書を封筒に入れてバンダイさんに郵送。

そしたら、約1週間ぐらいで、バンダイ様から部品が届きましたよ。

それが、この封筒です。(・∀・)b

お~し、開けるぞ!
(`・ω・´)ゞ

補充パーツ、箱の中身​

バンダイから届いた、フォースインパルスガンダムの部品補充の封筒。

その中にはいっていた箱の中は、こんな感じでした。

箱の中は、部品が破損しないように丁寧にエアクッションで梱包されておりました。

なんか高価なものが送り届けられた感じがして、微妙にちょい嬉しいって感じですね。

赤パーツにマホガニーサフ​

HGのフォースインパルスガンダム、赤い部分のパーツは、暗い赤にしたいため、下地としてマホガニーのサフを吹き付けました。

この後、艦底色を薄くぬり、少しずつ赤っぽくしていくつもりです。

製作再開!​

しばらく製作を中断していたフォースインパルスガンダムですが、製作を再開します!

最初は設定色に近い色で塗り分けようと思っていたのですが、エナメル系塗料で顔面陥没、バンダイさんから部品補充などをしている間のブランク中にシャアザク、プロトタイプグフ、ギャンなどを作っているうちに、だんだんフォーインパルスを製作することを忘れ、ブランクが空いてしまいました。

で、先日、箱の中の塗料を整理していたら、なんとラッカー系(ミスターカラー)のミドルストーンのストックが2瓶もあることを発見!
w(゚ロ゚;w

あらら、いつの間にかストックがるのに、無いものと思って補充していたのね。

これじゃあせっかくのミドルストーンが浮かばれない。

よし! フォースインパルスガンダムをミドルストーンで塗ろう!
ミドルストーンガンダムじゃい!

まさかフォースインパルスガンダムをミドルストーンで塗っている人はいるまい?!

よし、どんなガンダムになるかは分からないけど、ミドルストーン・フォースインパルスガンダムを作ろう!

そう思い立ち、ランナーのパーツを再度下塗り開始。

ほとんどのパーツはマホガニーのサフを吹き、関節部分などのグレーのパーツは、呉海軍工廠標準色をスプレーしました(その前にマホガニーのサフをスプレー)。

さーて、乾かしたらミドルストーンを塗り塗りするか。

Mr.カラー C21 ミドルストーンMr.カラー C21 ミドルストーン

ミドルストーン塗装​

フォースインパルスガンダムのランナーに付いているパーツにミドルストーンを乗せていきました。

薄めたミドルストーンに、微量のダークグリーンとオリーヴドラブを加え、マホガニーの下地が残っているところを重点的に筆で色を乗せていく感じで。

まだまだ下地のマホガニーが出ていますが、第三次、第四次塗装で、少しずつ透けた下地を無くすと同時に、様々な色を混入したミドルストーンで色調を変えていく予定です。

パーツ塗装 ミドルストーン+ニュートラルグレー​

フォースインパルスガンダムのパーツに、また、薄めた塗料を上乗せしました。

今度の色はミドルストーンとニュートラルグレー。

うすめ駅で薄めまくったこの色を、マホガニーの下塗りが出ているところを中心に筆で置くように、チョビチョビと。

もっとも、まだまだ下塗りのマホガニーが透けてみえてますが、まあいいのだ。

また乾いたら、少し色調を変えたミドルストーンを乗っけます。

ミドルストーン+フィールドグレーでパーツ塗装​

HGフォースインパルスガンダムのパーツ、今度は、ミドルストーンにフィールドグレーを混ぜて、筆でランナーについたままのパーツに塗り塗り、ゴシゴシしました。

だいぶ、下地も隠れ、色も落ち着いてきた感じです。

しかし、まだまだこれから。

漠然とですが、頭の中で意図している色彩に近づけるために、次は、もう少し白っぽい色を乗せていくつもりです。

Mr.カラー C52 フィールドグレー (2)Mr.カラー C52 フィールドグレー (2)

スミ入れ&ドライブラシ​

HGフォースインパルスガンダムのパーツの溝に、つや消し黒+マホガニーを薄めたものを流し込みました。

で、その後は、ミドルストーンに明灰白色をブレンドした色を面積の広い平筆で、ササッと軽くドライブラシ。

組み立てたら、まったくガンダムっぽくないルックスになるんだろうなぁ。

ま、それが狙いだからいいんだけど。

組み立てながら、自分でも驚きたいから。
(・∀・)b

グレーパーツにドライブラシ​

フォースインパルスガンダムのグレーのパーツに、軽くドライブラシをかけました。

色はエクストラダークシーグレーに微量の焼き鉄色。

軽くモールドが浮き出る程度にサクサクと平筆で。

しかし、明るめのグレー(海軍工廠グレイ )の上に、少し暗めのグレーをドライブラシしたので、なんだかちょっと変な感じ。

ま、その後も何度か色乗せはしていくからいいんだけど。

Mr.カラー C333 エクストラダークシーグレーMr.カラー C333 エクストラダークシーグレー

ミドルストーンガンダムの頭と胴​

ミドルストーンが大量に余ったため、作りかけのフォースインパルスガンダムに塗っちゃえ!ってことで、ミドルストーンガンダム。

で、頭部と胴体までを取りあえず作りました。

作りながらつや消し白でドライブラシ。

なんか、土か石で作った像みたいですが、こういう石地蔵のようなガンダムも作ってみたかったんですよね。

さて次は脚を作るか、バックパックを作るか、腕を作るか……。

亀の甲羅を背中に取りつけ​

フォースインパルスガンダムの背中に、亀の甲羅(?)、要するに、背中に羽根のついたフォースシルエットとガンダムのボディをくっつけるためのユニットを取り付けました。

取り付け前。
亀仙人の甲羅のようですな。

で、合体。

亀仙人の背中に男の哀愁が漂いますな。

さて、次はいよいよ羽根ユニットとの合体です。

フォースシルエット合体!​

フォースインパルスガンダムの背中に取りつけるフォースシルエット。
(コアスプレンダーを外した状態)

後ろから見たところ。

いよいよ合体!

で、合体しました。

背中に飛行機が映えた人間みたいですな。

横からみたところ。

羽根人間、飛行中!って感じです。

外装パーツ、すべて切り出しました​

フォースインパルスガンダムの外装パーツ、すべて切り出しました。

切り出した際、ランナーから切り離し、プラスチックの地肌が露出した部分に再度下地を塗るつもりです。

現在色味を調整中​

フォースインパルスガンダムの各パーツの色合いを調整中です。

印象派風に、陰にパープルを入れてモールドに流し込んでみたり、下地のマホガニーが見えているところにミドルストーンをペタペタしてみたり、と。

完成予想のイメージ皆無で行きあたりバッタリで作っているとなかなか手数が多くなってしまいます。

ミドルストーン+白で軽くドライブラシ​

フォースインパルスガンダムの各パーツに、ミドルストーンにホワイトやグレーを加えた色で各所ランダムにドライブラシしました。

組み立てたい気持ちを押さえて押さえて、もうちょい色の調整をしてみます。

というより、微妙な色調の変化で遊んでみます。

紫+赤褐色でスミ入れ​

フォースインパルスガンダムのパーツにまたもやスミ入れを行いました。
今回の色はマホガニーも、黒も使用せず、使った色は、パープルと赤褐色です。

つや有りの塗料なので、フラットベースも混ぜています。

うすめ液でじゃぶじゃぶに薄めて面相筆でスーッと流し込む。

ミドルストーン一色で塗った単調な感じから少しずつメリハリがついてきましたね。

Mr.カラー C67 パープルMr.カラー C67 パープル

肩を装着​

フォースインパルスガンダムの肩を装着しました。

結構いかつい肩。

顔がなお一層小さく見えます。

それにしても、ボディと肩、なかなかハマらなかった。

塗りまくったので、塗料が重なり分厚くなっちゃったんでしょうね。

パーツを折らないように、力をこめてグリグリ。

それでもダメだったので、デザインナイフで塗料が厚ぼったいところをグリグリと削り、ようやく装着完了。

なかなかカッコ良いですな。

太もも製作​

フォースインパルスガンダムの太腿を製作しました。

で、胴体に装着!

太細い!

矛盾するよーわからん表現ですが、胴体に取りつけると、たしかに太細い感じがあります。

続いて、ヒザから下の脚の続きを早く作りたいという欲求がムクムクともたげてきた。

ヒザ下の脚を組み立て​

HGフォースインパルスガンダムの膝から下を組み立てました。

思っていたよりフクラハギのボリュームがありますね。

あと、スミ入れした紫が予想以上に目立ちますね。

ま、あとで調整すれば良いのだけれども。

で、頭から作ったところまでを撮影。

あとは足先パーツを取り付ければ、脚のパートは完成です。

足先の組み立て​

HGフォースインパルスガンダムの足先を組み立てました。

Zガンダムや百式っぽい爪先ですね。

折りたためるところも、Zガンダムっぽい。

で、本体とドッキング。

カタチが良いと、色が何色でもカッコ良いものですね。

腕の組み立て​

フォースインパルスガンダムの腕を組み立てました。

腕細、しかし、ボディにくっつけると何気にバランスよし。

なかなかでございます。

ミドルストーンのガンダムもなかなか良いでござるね。

プロポーションが良いので、単調手抜き塗装でも、そこそこカッコよく見えてしまうのであります。

Mr.カラー C21 ミドルストーンMr.カラー C21 ミドルストーン

ビームライフルの組み立て​

MA-BAR72 高エネルギービームライフルを組み立てました。

わりかしコンパクト。

で、持たせてみたら、こんな感じ。
(・∀・)b

腰にも装着できるみたいだけれど、まいいや、手に持たせるようにしよっと。

シールド製作​

フォースインパルスガンダムのシールドを組み立てました。
縮んだ状態ではなく、伸びた状態のほうですね。

さっそく左腕に装着。

これで一通り全身が完成っす。

あとは、色々色を乗せていこうかと思います。

エナメル系?
ウェザリングマスター?

いやいや、今回はラッカー系オンリーでいきたいと思います。

とりあえず五体満足に​

まだ完成ではないけれども、紆余曲折を経て取りあえず五体満足の状態にめでたくなったので、取りあえず記念写真。
(・∀・)b

上からも。

なんだか乾燥した竹で作った竹細工っす!って感じの色合いですが、これから少しずつ調整をしていきたいと思います。

要所要所に白乗せ​

HGフォースインパルスガンダムの要所要所に、つや消し白を乗せていきました。

ペタペタと。

かなり薄めた白を塗るというか乗せるといった感じで。

近くでみると、かなり筆の後が目立ちますね。

乾いたらまた修正していこう。

紫+オレンジでスミ入れ​

フォースインパルスガンダムの各パーツの要所要所にランダムにスミ入れをしました。

今度の色は、パープルにオレンジを混ぜた色。

どうしたら自分だけのテイストの仕上がりになるのか、現在、暗中模索中なんだけれども、とにもかくにも、もっともっと絵画チックにしちゃるけんね。

厚塗り上等!筆塗り百回!の精神で

厚塗り上等!
筆塗り百回!

まだまだ塗りまっせ!

ということで、またまた、筆塗り上乗せ何回目?

今度はフォースインパルスガンダムの各パーツに、微妙にライトエアクラフトグレーBS381Cを混ぜた色を面相筆でポンポンと乗せていきました。

スミ入れではみ出したところを中心に、あくまでテキトー&ランダムに。

厚塗り上等!さらに白乗せ

フォースインパルスガンダム、まだまだ「厚塗り上等! 筆塗百回!」の精神で、筆塗りを重ねてます。

今回はガイアノーツのつや消しホワイトにリターダーを混ぜてちょんちょんと乗せてみました。

今回はあまり変化なし。

しかし、まだまだ塗り重ねていきまっせ~。

さらに重ね塗り

HGのフォースインパルスガンダムに、さらにジャーマングレーとパープルを混ぜて薄めた色をランダムに乗せていきました。

ユニットごとに分割すると、ちょこちょこ色を乗せたくなってくるんですよね。

厚塗り上等、筆塗り百回の精神で、まだまだ色を重ねていきまっせ。

組み立てて途中経過をウォッチング

まだまだ厚塗り中のフォースインパルスガンダムですが、パーツ分割をして厚塗りしまくっている最中ですが、いったん組み立てて、どんな感じになったのかを見てみました。

パーツごとに見ると、かなり汚ちゃない感じだったんだけど、組んでみると、けっこうツルリんこ。

もう少し厚塗り上等・筆塗り100回を続けます。

明灰白色をちょい乗せ

フォースインパルスガンダムの羽根の部分や、面積の広いパーツのところどころに、薄めまくってリターダーを混ぜた明灰白色をちょびちょびと乗せてみました。

で、組んでみたら、こんな感じ。

あんまり以前の感じと変わらんけど、まだまだ色いろな色を乗せていこう。

キャラクターフレッシュ乗せ

HGフォースインパルスガンダムの各パーツにキャラクターフレッシュ1を乗せてみました。

だいぶ汚い感じがキレイになったような感じはするものの、実際組み立ててみると、まだまだ汚い感じではあります。

もう少し厚塗りしていきたいと思います。

紫とマホガニーを塗装

HGフォースインパルスガンダムに薄めた紫とマホガニーを適当に乗せてみました。

特に、足と盾の部分ですね。

あんまり大きな変化はないけれど。

ひとまず完成!

フォースインパルスガンダム、ひとまず完成しました。

forceimpulsegundam

上から見たところ。
飛行機みたいですね。

後姿です。

後姿、白バックバージョンです。

なかなか情報量の多い造形で、色々な角度から見て楽しめるMSでした。

仕上げは、タミヤのウェザリングマスターのオイルを塗りたくり、エナメル系塗料(タミヤ)のライトグレーを軽くドライブラシをしました。

さんざんラッカー系で塗りたくったわりには、あっけない完成でありました。

最後に白バックで歩いているような姿。

%e7%99%bd%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%ab%e3%82%b9

今度は設定色で作ってみたいものです。

記:2016/10/13

 - 創作 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。