カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

ベースカラーはすべてメタリック系/人造人間エヴァンゲリオン零号機(改)

   

Pocket

下地塗装を終えた後は、ベースカラーを筆塗りしました。

使用した塗料はすべてメタリック系。

本体はビショビショに薄めた青竹色を筆塗りしました。

なぜに青竹色かというと、この色は零戦の操縦席を塗装するために買った色なのですが、使用する機会がほとんどない⇒全然使ってない⇒勿体ない⇒だから使おう!

単純にそれぐらいの理由です。

そうすると、他の箇所もメタリックにしたくなってきます。

足首のアーマーや足裏、そして首の筋肉はカッパーで塗りました。

腕はシルバー。

顔面は焼鉄色。

ぜーんぶメタリック系。

メタリック系の色は、隠蔽力も強いので、プラスチック特有のプラプラ感を覆い隠してくれるというメリットがあります。

だから、この作業の前にオキサイドレッドや黒やマホガニーや赤などのスプレーでプラスチック表面を覆い隠す作業をする必要もなかったのかもしれないのですが、筆が届かない箇所も将来的に出てくるでしょうから、まあやっておくに越したことはなかったかなと無理矢理自分を納得させています。

もちろん、この段階は今後の「怒涛の筆塗重ね」の初期段階。

100均で買った絵の具用の安い筆で、ハミ出しなどは気にせずラフにガシガシと塗っただけなので、今後は様々なラッカー系塗料を塗り重ねていき深みのある色合いを出していこうと思います。

最終的には設定色に近い青が基調の色彩になれば良いと思っていますが、塗装過程でどこでどう転ぶかはまったく不明なので、気分にまかせて気軽に色々なカラーを塗り重ねていきたいと思います。


LMHG エヴァンゲリオン零号機(改) (新世紀エヴァンゲリオン)

 - 模型