カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

肩パーツ取り外し!陽電子砲を装備!/人造人間エヴァンゲリオン零号機(改)

   

Pocket

そういえば、放置されていたわ、陽電子砲(ポジトロンライフル)。

これ、エヴァ3号機(バルディエルに乗っ取られたバージョン)を作った時の付属品です。

これね。

参考記事:バルディエル(エヴァンゲリオン3号機)再塗装レポート

仮面ライダーアマゾン的というか、ストIIのブランカ的な出来になってしまったので、人口的な武器を持たすのは野暮かなと思い、結局組み立てはしたものの、サーフェイサーを吹くまではしたのですが、その後は放置状態だったのです。

でも、放置プレイは可哀そうなので、これを零号機に持ってもらうことにしましょう。

それにあたり、肩の武器類を収納するパーツを取り外さなければなりません。

取り外しました。

力まかせにムギュッ!と引っ張って取り外しました。

そしてポジトロンライフルを持たせると、肩と腕のラインにジャストフィットなのであります。

さすがにサフ色のグレーではバランスが悪いので、他の色を塗装するつもりですが、さて何色で塗るべきか。

ますは黒鉄色あたりをベースカラーに塗ろうかと思っています。

メタリック系の色を基調としたベースカラーを塗っているので、ある意味腕と一体化しているポジトロンライフルもメタリック色のベースカラーで塗らないとバランスが悪いような感じがするので。


LMHG エヴァンゲリオン零号機(改) (新世紀エヴァンゲリオン)

 - 模型