カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

完成!/HGリーオー(OZ-06MS LEO)1/144

   

Pocket

HGリーオー、完成しました。

やっぱり、な~んか普通。

「何の変哲もない量産機」というコンセプトなのであれば、まさにその目論見は成功したといえるでしょう。

本当、「普通」なんです。

ただ、「ガンプラ・エヴォリューション・プロジェクト」の第一弾ということもあり、おそらくは、組み立てやすさに重点を置いたパーツ分割なのでしょうが、微妙に組み立てにくかったことも確か。

いちいち挙げるときりがないのですが、思いつくことを何点か書くと、まずはゲートの位置。
肩、足、腕などのパーツの多くはゲート跡が目立ちやすい位置に配されているので、もちろん表面処理をすれば良のでしょうが、それすら面倒な素組み派のモデラーからしてみれば、ニッパーの切り跡がけっこう目立つところに散見されるので、作った後の見栄えがあまり良くないかもしれません。

あと、痒いところが組み立てにくいですね。

モモ側面の蓋とか、手の甲のパーツと指のパーツのかみ合わせが、一文字ではなくL字型になっているので、左右を正確に把握していないと一瞬はめ込む時に「?」となってしまいます。

また、足首の関節を守るアーマーと内側の関節をジョイントするパーツの球体が小さめなので、足首のアーマーがすぐにポロリしてしまいます。

もちろん、もし2個目を作るとしたら、その「組み立てにくさ」を学習した状態で作ることになるので、ストレスなく組み立てられるのでしょうが、私としては、「これ一個作ればいいや」って感じなので、たぶん次はないでしょう。

ヨドバシカメラが推奨する「量産機は複数あってナンボ」なキャッチコピーに踊らされて、一気に複数個買わずに良かった、良かった。

もし量産機を大量に揃えるのであれば、ザクやジムのほうがいいな、個人的には。

あと、ガンダムの世界から離れるとしたら「ボトムズ」のスコープドッグや、「マシーネン」のS.A.F.S.もいいですね。

リーオーの後姿です。

やっぱり普通(笑)。

モブキャラとしては最適なデザインなのかもしれません。

生身の人間相手には強いんだろうけど、主役の機体を相手にした際は、外見も性能も見劣りする「雑兵感」も素晴らしいほどに醸し出しています。

ちなみに、ガンダムの宇宙世紀編の「雑兵感」の漂う量産機と並べてみました。

ジム、リーオー、ザク。

こうして3つの機体を並べて見ると、ザクはけっこう高級機に見えるかも。
将軍や隊長クラスが搭乗する、立派な甲冑をまとった指揮官機に見えなくもありません。

それに比べれば、リーオーのデザインは素気ないですね。

この3機のなかではもっとも「雑兵感」漂う量産機なのかもしれません。

好みや相性の問題も大きいのですが、個人的には最近稀に見る作成過程の味気ないガンプラでした。

「つまらないキット」とまではいかないけれども、「なーんか普通」でした。

しかし、お値段安めですし、パーツが少なくすぐに組めてしまうので、話のタネとして一体作ってみることは悪くないと思います。

ただし、安いからといって作らないうちから一気に5個も10個も大人買いすることは控えたほうが……。

まずは1体作った上で、自分とこのキットとの相性を見定めてからでも遅くないと思います。

記:2018/05/14

関連記事

>>素組み!HGリーオー from 新機動戦記ガンダムW
>>HGリーオーが発売されとるやんけ!
>>塗装屋さんのようなMS リーオー 1/144 5月に発売!

 - ガンプラ