カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

180mmキャノン砲/HGUC 陸戦型ガンダム(1/144)機動戦士ガンダム第08MS小隊

      2018/05/11

Pocket

08小隊のオープニングでは、地上にいる兵士が耳を思いっきりふさぐほど、発射時の音が凄い180mmキャノン砲を組み立てました。

発射時の音も凄いんだろうけど、威力も凄いんでしょうね。

少なくともドイツの88mm砲の2倍以上の口径ですから。

しまった!
取り付け方が甘かったためか、あるいは塗料の塗り込み過ぎか分からんけど、砲身がカーブしとるぞ……!

せっかくだから陸ガンに持ってもらいました。

うーむ、やっぱり曲がっとるな。

ブツそのものがデカいので、持たせたときの可動範囲はかなり制限されます。

左腕を真っ直ぐに伸ばすようにして、ようやく両手で持つところを持てるといった感じ。

このキットの売りの一つ、ヒザ立ち射撃ポーズもちゃんと取れますよ。

もっとも砲身が微妙に曲がっていて暴発しかねないので、この状態では発砲中止でしょうけど。

でも、やっぱりカッコいいですな、陸ガンは。

関連記事

>>素組み!HGUC陸戦型ガンダム from 機動戦士ガンダム 第08MS小隊
>>HG新・陸戦型ガンダムがもう発売されているやんけ!
>>MG 陸戦型ガンダム制作レポート
>>HG 陸戦型ガンダムS型(機動戦士ガンダム サンダーボルトver.)制作レポート

 - ガンプラ