ビルドストライクギャラクシーコスモス in ヨドバシ新宿HOBBY館 - カフェモンマルトル

カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

ビルドストライクギャラクシーコスモス in ヨドバシ新宿HOBBY館

      2018/03/26

Pocket

背中の白い羽が印象的なガンダム

少し前だけれども、新宿のヨドバシカメラのHOBBY館2Fの「目玉商品山積みコーナー」に、ガンダム・ビルドストライクギャラクシーコスモスが積まれていました。

かなり目立っていましたね。

この『リングにかけろ!』と『聖闘士星矢』が合体したようなネーミングのガンダムは、『ガンダムビルドファイターズ バトローグ』に登場したガンプラで、主人公のイオリ・セイがガンプラを改造したもの。

三代目メイジン・カワグチ(ユウキ・タツヤ)が作ったA-Zガンダムと闘い、引き分けになった機体ですね。

【Amazon.co.jp限定】 HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ A-Zガンダム 1/144スケール

背中にたくさん生えている白い羽というか、放熱板というか、スタビライザーというか、よくわからないたくさんの白い物体は、闘いの序盤では6枚くらいだったのですが、スーパーサイヤ人モードになると(そんなモードありませんが、要するに、気合いを入れるてパワーアップした姿)、細胞分裂して(?)もっとたくさんの枚数になるんですね。

さすがに、この「羽の細胞分裂」はプラモでは表現できないでしょうからサシカエになるのでしょうが、分裂した多数の羽の姿は、後ろから見ると風車やプロペラのように見えるんでしょうね。

追記:羽根は「細胞分裂」するのではなく、12枚の羽根が2枚ずつくっついて6枚になっているだけでした。

スマートなA-Zガンダムに比べると(なにせ、ベースがゼータガンダムですからね)、赤い機体ということもあいまって、いかにも主人公、主人公した趣きの機体ではあります。

パッと見は、敵やボスキャラよりも弱そうに見えるけれども、努力や根性次第で「化けそう」な雰囲気を漂わせているところが。

お値段は1300円前後ということもあり、アマゾンprimeでしか変えないA-Zガンダムの半分くらいの価格なので、お得といえばお得。
「A-Z」を買う予算で、こちらのほうは2個買えちゃいますからね。

というより、A-Zガンダムが高すぎ?って感じもしなくもありませんが。

今のところは買う予定ありませんけど、1000円切って激安価格で販売されていたら、もしかしたら買って作るかもしれません。

追記:結局、買ってしまいました。

背中の羽根、ランナーから切り離すのが面倒くさそうではあるけれども。

ゴールドやカッパーで塗装して、千手観音ガンダムにしちゃおうかな?!

最近は、ひな人形もディズニーのバージョンがあるくらいだから、仏像にもガンダムがあっても良いのかも(神への冒涜?!)。

なんかガンダムと仏像って近いものを感じるんですよね。

だって、お台場の等身大ガンダムは、現代の大仏のようなものでしょ?

記:2018/03/05

関連記事

>>素組み!ビルドストライクギャラクシーコスモス(HGBF)from ガンダムビルドファイターズ バトローグ
>>素組み!A-Zガンダム(HGBF )from ガンダムビルドファイターズ バトローグ
>>変形!A-Zガンダム(HGBF )from ガンダムビルドファイターズ バトローグ
>>HGBF A-Zガンダム(1/144)改修記

 - ガンプラ