カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

ガルバルディリベイクが発売されているやんけ! in 新宿ヨドバシ

   

Pocket

最近は暑いので家でゴロゴロしていることが多く、また、ガンプラの新作よりも少し古いキットのザク作りに夢中になっていることなどもあり、ここのところヨドバシカメラなどのホビーショップに足を運ぶことをサボっていました。

しかし、油断していた!

久々に新宿のヨドバシカメラのGAME&HOBBY館に足を運んだら、いつの間にかガルバルディリベイクが発売されていたではないか!

『ビルドダイバーズ』のコーイチくんのMSですが、きっとコーイチくんは『鉄血のオルフェンズ』も好きに違いないと思わせる改造っぷりです。

どう見ても、ベース機体となるガルバルディβよりも、ガンダム・グシオン・リベイクフルシティに近いルックス。

色もグシオンチックですし、「リベイク」という言葉もオルフェンズワールド。

また、盾にもなる巨大なハンマープライヤーは、まさに「打・突・殴・撲」の魅力を極限までに高めた『鉄血のオルフェンズ』に登場する武器の魅力を踏襲しています。

なかなか華奢でひ弱そうな青年コーイチくんとは好対照なマッチョ機体ですが、彼の工作力は侮れませんからね。

モビルスーツを3体収納できるシャトルまでプラ版で自作してしまう腕前の持ち主ですし、かつてガンプラバトル仲間が、一人、二人と去っていった回想シーンで彼が持っていたガンプラは、なんとディープストライカーですから、そうとうな「工作野郎」だと思われます。

そんなコーイチくんが作り、操るガルバルディリベイクは、今のところ劇中のフォース戦などでは目だった働きはしていませんが(リクくんのダブルオーの活躍がインパクトあり過ぎということもありますが)、切り込み隊長的存在でもある、リクくんとアヤメさんの両機を後方から手堅くサポートする活躍を見せていますね。
ユッキーのジム・ビームマスターとともに。

ジムのビームマスターといえば、先日作った際は、部品ポロポロなど細かなところが雑なため、イマイチに感じたものですが、今回のガルバルディリベイクは期待が持てそうです。

なぜなら、先日、このキットのベース機ともなるガルバルディβは、地味ながらも手堅い作りだったから。

個人的には、本体よりも大型プライヤーのほうに興味があるのですが、今燃え滾っている「ザク熱」がクールダウンしたら、ぜひ作ってみたいキットのひとつです。

記:2018/07/16

関連記事

>>素組み!HGガルバルディβ from 機動戦士Zガンダム
>>ガルバルディβが発売されとるやんけ!in ヨドバシAKIBAマルチメディア館
>>HGガンダムグシオンリベイクフルシティ制作レポート
>>「打・突・殴・撲」の魅力~機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ
>>素組み!HGBDジムIIIビームマスター from ガンダムビルドダイバーズ

 - ガンプラ