カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

素組み!HGUCゾック・デカいぞゾック!from 機動戦士ガンダム

      2018/08/15

Pocket

プレゼントに最適なプラモデルだと思う

ゾック、作ります!

箱、ドン!

この箱の厚み、どっしり感。

Amazonのレビューにどなたかが書いていたけど、ゾックのキットは、誕生プレゼントや贈り物に良いかもしれませんね。

この箱のボリューム感、箱を開けたときの存在感のあるパーツのデカさ。

「うぉ~、良いものが手に入ったぜ!」と、もらった人はじわじわと実感がわいてくるのではないのでしょうか。

それに「ゾック」というMSの存在を知ってはいても、なかなか自ら進んで買って作ろうと思う人って、そうは多くはないと思うんですよね。

ガンプラを何体も作っている人ならともかく、最初のガンプラにゾックを選ぶセンス良すぎ、感度高めの人ってそうは多くないのではないでしょうか?
おそらくは、ガンダム系かシャアが乗ったMS系から入門する人が多いと思います(推測)。

なので、小学生か中学生の男の子に何をプレゼントしていいのか分からない人は、どどーんとゾックを「はい、どうぞ!」とプレゼントするとよろしいのかもしれません。

きっと「なんや、これ!?」と驚かれ、そして次の瞬間喜ばれるに違いありません。

そんな私も、今、ゾックの箱を目の前にして、小学生か中学生の男の子のような気分なのです。

わくわく!

さっ、作るぞ!

箱の中

HGUCゾックの箱の中です。

いやあ、ボリューム感満点。

一気に作れてしまえそうです。

アイアン・ネイルの成型色が予想以上にオレンジっぽいですな。

ランナーほか

ゾックのランナーとポリキャップ、そしてモノアイシールドがはいった黄色い袋を並べてみました。

ランナー3種類、前後対称のカタチのため、それぞれ2枚ずつの計6枚のランナーです。

Aランナー

Aランナー2枚です。

前後対象のカタチゆえ、同じランナーが2枚。

ゆえに、1つで足りるモノアイのクリアパーツも計2つ。

前と後ろ、両側につけても面白いかもしれませんね。

アイアン・ネイルのパーツ数が意外と多いことに気がつきます。

Bランナー

Bランナーは外装パーツが中心に構成されています。

腹部のパーツは、なんだかマヌケなロボット、あるいはコミカルなシュモクザメ(ハンマーヘッド・シャーク)みたいで可愛いですね。

見れば見るほど面白いカタチをしています、ゾックは。

Cランナー

Cランナーです。

うーむ、HGなのに内部フレーム。

アッガイも一部、内部フレームのパーツがありましたから、ジオン水泳部のHGはお買い得?

表面ツルッ!に対して、フレームこてっ!

中身まで凝っているのに、ガンダムにちゃちゃっとやられちゃうんですよね、もったいない。

本当は強いのに。

いや、強いというより威力があるのに。
メガ粒子砲9門ですからね。

運用の仕方次第では、ビグザムみたいに強いMSになっていたかもね。

そうすると、運用地域は水中よりも宇宙かな。

このフレームをもっと細かくしたMG(マスターグレード)も作ってみたいですよね。

ジ・オもMG(マスターグレード)で出ているバンダイ様のことだから、ゾックの1/100も出て欲しいものですね。

1万円越えても、買う人はいるはず。

ネオ・ジオングを買う人よりも多いんじゃないかなと思います。

~つづく

関連記事

>>圧巻!モビルフォートレス・ ゾック

 - ガンプラ