カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

ダブルオーダイバーが、もう発売されてるやんけ!

   

Pocket

もう店頭に!

ガンダムビルドダイバーズ、いよいよ明日の4月7日発売!
……と待ち構えていたら、わっ、もう出とるやないけ!

もうヨドバシカメラ新宿ゲーム&ホビー館の店頭に積まれていました。

早っ!

明日の7日は土曜日。

もしかしたら土曜日には出荷or入荷がないため、本日に入荷されたのかもしれませんね。

『少年ジャンプ』を思い出す

私が中学生の頃、毎週欠かさず『少年ジャンプ』を読んでいたのですが、月曜日発売のジャンプをいつも土曜日に読んでいました。
近所の小さなお婆さんが経営している書店に行くと、レジの奥に袋にはいった『少年ジャンプ』が積まれているんですよ。
本当は土曜日に入荷しても月曜日に店頭に並べなきゃいけない「ジャンプ」なのですが、一足早く近所の悪ガキ中学生の私たちには早く売っていたのです。
「おばちゃん、ジャンプちょうだい!」と100円玉2枚を握り締めて書店にはいっていくと、お婆さんは「しっ!」と指を口に当てて「あんまり大きな声でジャンプって言うんじゃないよ」という顔をします。
そして、袋に入れられて表紙が見えない状態になった『ジャンプ』を「家に帰ってから読むんだよ」と売ってくれました。

他の人よりもちょっとだけ早く『ジャンプ』を読める嬉しさと、ちょっとだけ悪いことをしているような罪悪感のようなものがミックスされて、袋にはいったジャンプを胸に抱えて家に帰る喜び、あるいは友達の家に行って読む喜びは格別なものでした。

なんだか、発売予定日よりも早く積まれているダブルオーダイバーを見ていたら、土曜日に『ジャンプ』を読んでいた少年の頃に感じた「予想以上に早く商品見っけ!」と心躍る気持ちを思い出しました。

ダブルオーダイバーのパッケージを見ると、今回はマグナムと違って、箱絵には番宣はありませんね(当たり前)。

そしてダブルオーのキットと同様、だいぶ箱の高さは薄めですね。

お値段918円也(税込み)。

おそらく部品構成も同じような感じなのでしょう。

『ガンダムビルドダイバーズ』の主人公リク君が操るガンプラらしく、「正しく正統派」な、どこをどう切って「主役機。文句ある?以上!」な感じのデザインと配色です。

隣には、アクションベース(台座/スタンド)も積まれていました。

さらに接近。

どうやら、ダブルオーダイバーのMS専用のスタンドのようです。

名前は「ダイバーギア」っていうんですね。

いままでのアクションベースに比べると近未来的なデザインに見えます。
それと、物語に登場する施設の空間デザイン、つまりはアップルストア的なシンプルでゆとりのある空間の中に配された高度なテクノロジーを象徴するかのようなデザインと色がかもし出すムードを、うまくアクションベースのデザインに落とし込んでいるようにも感じます。

う~む、これがあると、べつにダブルオーダイバーのMSじゃなくても、他のガンプラでも飾るときには映えそうですね。

ちなみに我が家には、透明と色つきと、ほかにジオンか連邦か既に忘れてしまいましたが、とにかくエンブレムがはいったアクションベースがあると思うのですが、いや、買った記憶だけはあるのですが、どこにしまったのかがまったく思い出せずにいます。あるのは買った記憶のみ。
なんだかモッタイナイ。

今回発売されたダブルオーダイバーですが、1000円を切るというお得な価格設定なので、これは先行発売されたマグナムよりも売れるかもしれませんね。

当然、私も作ってみるつもりです。

記:2018/04/06

関連記事

>>『ガンダムビルドダイバーズ』観ながらメモ
>>ガンダムAGE2マグナムが、もう発売されてるやんけ!

 - ガンプラ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。