部分塗装!HGUC バーザム 1/144 - カフェモンマルトル

カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

部分塗装!HGUC バーザム 1/144

      2018/04/29

Pocket

部分塗装をしてみます

素組みで作ったバーザムに部分塗装を施してみます。

関連記事:素組み!バーザム(HGUC)from 機動戦士Zガンダム

使用した塗料はすべてラッカー系塗料です。

まずはバルカンポッドの側面の赤い部分。

赤いシールをはがしてメタリックレッドで塗りました。

後頭部、グレーのシールをはがし、ニュートラルグレーで塗装しました。

背部のスラスター内部をモンザレッドで塗装しました。

脚部の裏側をマホガニーで塗装しました。

マホガニーは瓶の中を撹拌せずに上澄みに筆を漬けたものを塗ったため、ヘンにテカテカしてしまいました。

つや消しトップコート吹き

分解した各パーツに、つや消しトップコートを吹きつけました。

使用したのはラッカー系のトップコートです。

これを使うために部分塗装もラッカー系を使ったわけです。
本当は水性かアクリル系かエナメル系でささっと塗っちゃいたかったのですが、これらを塗った上にラッカー系を吹き付けるわけにはいきませんからね。

そして、表面のテカテカを抑えた各パーツをいったん組んでみました。

さあ、いよいよ楽しい汚し作業です!

スポンジでチッピング&ウェザリングマスター

つや消しトップコートが乾いた後に汚し仕上げをしました。

まず、水性塗料の焼鉄色をスポンジで表面に叩きつけました。

次に、エナメル系塗料のパクトラタミヤのフラットアルミとフラットホワイトをドライブラシ。

最後に、タミヤのウェザリングマスターのオイルを塗りつけてフィニッシュ!

後姿です。

色々なポーズを取れてなかなかバーザムはなかなか面白いキットです。

特にアゴを引き、右手を伸ばすとカッチョええのです。

う~む、カッチョええです。

記:2018/04/20

関連記事

>>素組み!バーザム(HGUC)from 機動戦士Zガンダム
>>そういえば、作ります!バーザム(HGUC)
>>すごい!「バーザム特集」を組んだ『モデル・グラフィックス』誌

 - ガンプラ