カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

RGのサザビーは箱がデカいやんけ

      2018/08/13

Pocket

ふらりと立ち寄ったヨドバシカメラのGAME & HOBBY館。

おぉ、RG(リアル・グレード)サザビーの箱が山積みになっておる。

箱デカッ!

通常のRGの3倍とまではいきませんが、少なくとも1.5倍はある!

デカ!

ということは?
⇒部品数が多い

ファンネルとかもあるあからね。

作るの面倒そう。

でも、完成した時の「やったぜ感」もデカそう。

ただ、完成したらしたで、こんどは部品のボロッポー(部品がポロリと落ちること)の心配をしなければならなそう。

あと、綺麗に塗装しようとしたらかなり神経使うんだろうなぁ。

私は綺麗かつ丁寧に塗装できない人間なので、きっと、もしこれを作っても、パテを表面に塗りたくってガザガザにして、「え~い、砂漠仕様のサザビーじゃい、埃と砂で表面が荒れまくってボロボロになっちゃったんだもんね!」という仕上げになりそうですが。

にしても、購買意欲をそそるパッケージですな、あいかわらずガンプラのRGは。

なんて箱につられて買ってしまうと、また押入れの中の罪プラが増え、ガンプラ箱増殖南北問題にさらに拍車がかかってしまうので、我慢がまん。

早くゾックを作ってしまわないと。

でも、オオゴシトモエ風の白いサザビーとかもいずれは作ってみたいでありますな。

『いちばんやさしいガンプラ「超」入門』の表紙のサザビーは赤だけど。

記:2018/08//11

 - ガンプラ