カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

ガンプラ鉄則3:余った部品は捨てない

      2018/02/16

Pocket

いつ何時、余剰パーツが必要になるかもしれません。

ですので、たとえ失敗しても、あるいは、不必要な武器やデカールが余っても、
⇒捨てない!

これ鉄則ね。

部品がくっついていないランナーはニッパーで切り落として、箱に詰めれば、大きめなガンプラの箱(たとえばユニコーンのフルアーマーなど)に余ったパーツを放り込んでもかなり入ります。

あるいは、百均にいけば、100円で組み立て式の少々小さ目なダンボール箱も売っているので、それに、じゃんじゃん余ったパーツを突っ込んでも良いでしょう。

【0169】 シューズボックスダンボール 10 枚 (80サイズ 320×200×120)【0169】 シューズボックスダンボール 10 枚 (80サイズ 320×200×120)

このようなダンボールをセットで複数買うと、作ったガンプラを保存しておくのにも便利です♪

とにかく、捨てないで取っておきましょう。
ヤフオクやメルカリなどで売るのならば話は別ですが、単に捨てるってのは勿体無い。
せっかく作ったプラモなのです、ゴミ扱いはせず大事に保存しておきましょう。

数年後に取り出してみて見ると、かつての自分の腕の未熟さばかり考えるかもしれません。

「ガンプラ鉄則4」につづく⇒こちら

関連記事

>>ガンプラ鉄則7:ガンプラは「カッコ悪く」塗ろう!
>>ガンプラ鉄則6:買ったら袋はすぐに破け!
>>ガンプラ鉄則5:非効率で行こう!
>>ガンプラ鉄則4:作りたいところから作ろう!
>>ガンプラ鉄則2:失敗を恐れるな!
>>ガンプラ鉄則1:常に複数を同時並行で作るべし

 - ガンプラ