カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

ガンプラ鉄則5:非効率で行こう!

      2018/02/16

Pocket

ガンプラ作りは趣味です(少なくとも自分にとっては)。

ですので、完成させる喜びはもちろんあるものの、どちらかというと、ああでもない、こうでもないと試行錯誤している時間のほうが好きだったりもします。

モデラーさんによっては、キッチリと作る段取り、手順が完璧に練られているのでしょうが、少なくとも、私の場合は、向き合うキットによって、それぞれ塗り方や組み立て方を試行錯誤してみたいんですね。

ですので、回り道をすることも多く、無駄な手順を踏みまくっているのですが、それはそれで楽しかったりもするのです。

だって、趣味ですから。

たとえば、最近だと、スーパーカスタムザクを作ったのですが、最初はインディブルーで塗ったものの、なんだかイマイチ~と感じたら、紫にチェンジし、その紫も「なんだかな~」と思ったら、グレイに変更したりと、かなり機体に塗る色を変えています。

参考記事:HG スーパーカスタムザクF2000 制作記

要するに行き当たりバッタリには違いないのですが、その、行き当たりバッタリの寄り道の過程が楽しかったりもするのですね。

無駄な労力すらも楽しい時間に変わるガンプラ作り。
要するに、楽しいホビーなのです。

「ガンプラ鉄則6」につづく⇒こちら

関連記事

>>ガンプラ鉄則7:ガンプラは「カッコ悪く」塗ろう!
>>ガンプラ鉄則6:買ったら袋はすぐに破け!
>>ガンプラ鉄則4:作りたいところから作ろう!
>>ガンプラ鉄則3:余った部品は捨てない
>>ガンプラ鉄則2:失敗を恐れるな!
>>ガンプラ鉄則1:常に複数を同時並行で作るべし

 - ガンプラ