ウイング・ガンダム・ゼロ in ヨドバシAKIBA - カフェモンマルトル

カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

ウイング・ガンダム・ゼロ in ヨドバシAKIBA

      2018/03/11

Pocket

3月にはいったとたん、急に暖かくなったツイタチの午前中(昨晩の暴風雨はなんだったんだ?)、ふらりと立ち寄った秋葉原のヨドバシAKIBAマルチメディア館の6Fの模型売り場には、ハイレゾリューション・モデルの『ウイング・ガンダム・ゼロ』が、どどーんと積まれていました。

お値段、¥11,600也。

ハイ・レゾリューション・モデルの黒いパッケージ、そそるんですよね。
高いんだけど(苦笑)。

パッケージの見本写真を見ると、背中の「羽」の造形が、かなり凝っていてリアル。

これは作り甲斐がありそうです。

もっともパーツ多そうなので、ポロッポ~(パーツがポロッと落ちる、取れる)が心配ではありますが、特にガンダム系の過剰装飾系のキットは、ほぼ例外なくポロッポ~なので、そのへんは割り切って接着しても問題ないところは接着しちゃうとか、そうやって対処するしかないでしょうね。

多少ポロッポ~でも、最近のバンダイのガンプラは、プロポーションが素晴らしいものが多いのですから。
ポロッポ~したら、接着、あるいは固定ポーズ!って考えもアリだと思いますし、私の場合は、破損したら、「戦いで破損したことにする」ということにして、修理の面倒クサさを誤魔化すというワザ(?)を使うこともありますし。

ハイレゾだったら、バルバトスのほうを先に作ってみたいですね。

記:2018/03/01

関連記事

>>背中に十徳ナイフガンダム??/ウィングガンダム
>>ガンダムバルバトスのハイレゾリューションモデル

 - ガンプラ