ズゴックをユニコーン風ズゴックに再塗装 - カフェモンマルトル

カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

ズゴックをユニコーン風ズゴックに再塗装

   

Pocket

塗り直し

以前、アクリル塗料で塗ったズゴックを塗り直します。

ユニコーン・ガンダムに登場したズゴック風に。

けっこう、あのカラーリング、カッコいいんだよね。

あらためて新しいキットを買って作るのも面倒なんで、既にあるものを塗り直すことにします。

まずはハルレッドを筆塗り。

さらに、ハルレッドにオレンジを混ぜた色をランダムに筆塗り。

基本塗装

濃い緑の箇所はブラックグリーン、胴体はスカイを混ぜたオリーブグリーン、腕や脚はダークアースをスポンジでぽんぽんしました。

胴体と腹のパーツは、さらにNATOグリーンとディープグリーンをスポンジぽんぽん。

上腕と腿部にはカーキを軽くスポンジぽんぽんしました。

最後に両腕に白い線を塗装しました。

マスキングテープでマスキングをして(けっこうズレズレだったことが後で分かります)、ハルレッド⇒ロイヤルライトグレー⇒ロイヤルライトグレー+フラットホワイトの順にスポンジぽんぽん。

マスキングテープをはがすと、けっこうマスキングがズレていることが判明。あまりに露骨にズレているところは、レッドブラウンとブラックグリーンを面相筆で塗装して修正しました。

下地のグリーンと白線の色のギャップを落ち着かせるべく、Mr.ウェザリングカラーの「グレイッシュブラウン」を最後の仕上げに使用しました。

ごくごく微量の「グレイッシュブラウン」を筆で全体に薄く伸ばして完成!

タミヤのアクリル塗料のみで仕上げようと思ったのですが、最後の仕上げだけウェザリングカラーの助けを借りてしまいました。

ただ、エナメル系塗料やパステルやウェザリングマスターなどを使用せず、アクリル塗料のみの使用でどこまで出来るのかという良い練習にはなりました。

記:2019/05/16

 - ガンプラ