カフェモンマルトル

text:高野雲

*

シャア専用ってわけではないけれども赤い旧ザク

      2017/04/15

kyuuzaku2

旧ザクの魅力

旧ザクには、ザクにはない魅力があります。

ザクを特徴づけるアイテムの一つ、動力パイプがないこと。
トゲの無いツルツルな肩パッド。
ザクよりもより一層「タコ」な感じの顔。

……などなどです。

さらに、バンダイから発売されているプラモデル(ガンプラ)の旧ザクは、可動範囲が広く、様々なポーズを取れるということも魅力の一つなのです。

HG 旧ザク

はるか昔、バンダイから発売されていた1/144の旧ザクは、なんとなくモッテリとした印象で、あまり魅力を感じませんでした。

しかし、同じ1/144でも後年発売されたHG(ハイグレード・ユニバーサル・センチュリー)の旧ザクは、非常に締まりがあってシャープなイメージ。

特に、劇中に登場したガデム大尉が駆る緑と青のカラーリングのものではなく、黒い三連星のチームがドムに搭乗する前に乗っていたという設定のカラーリングの旧ザクが発売されていたのですが、これ、なかなかカッコよかったのです。

HGUC 1/144 MS-05B ザクI 黒い三連星仕様 (MSV)HGUC 1/144 MS-05B ザクI 黒い三連星仕様 (MSV)

店頭にディスプレイされていた黒い三連星仕様の完成品がなかなかカッコ良かったので、さっそく息子に買ってあげて、作らせました。

小学生の息子もラクに作れて、短時間で完成させることが出来るほど、非常によく出来たキットだと思います。

とにかく、いろいろなポーズを取らせることが出来るので、気軽に作れて、楽しく遊べるという意味では、非常にコスパの高いプラモだと思いました。

息子は塗装をせずに完成させましたが、プラスチックの色が、設定色に近いので、特に塗装をしないで作っても、満足のいく出来になるのではないかと思います。

もっとも、太ももの白が、ちょっと弱そうな感じもしますが……。

息子がサクッと作った旧ザクで、色々なポーズを取って遊んでいるうちに、なんだか色を塗ってみたいという欲求がムクムクと湧いてきました。

息子に「これ塗っていい?」と聞いたら、「うん、いいよ」とのことだったので、さっそく下地の色を塗り塗りしました。

シャア専用の赤ではなく、タコの赤

特に何色で塗るかは決めずに下地の色、マホガニーを塗り始めたのですが、塗っているうちに、これ、赤で塗るとカッコ良いのでは?と思いはじめました。

なぜかというと、先述したとおり、ザクの顔よりも旧ザクの顔はより一層タコ度が増しているからです。

真っ赤に塗れば、真っ赤なゆでダコみたいな顔になるのではないかと思ったのですね。

で、赤を基調に塗ってみたら、見事に赤タコになってくれました。

kyuuzaku3

赤いザクといえば、シャア専用ザクでしょうが、シャア専用の機体の色は、赤というよりも、ピンクとアズキ色なんですよね。

しかし、こちらの「赤ザク」はピンクのザクとは違った毒々しい赤。

kyuuzaku

角度によっては、サソリを彷彿とさせるような禍々しさすら感じます。

なかなか旧ザクのタコな機体に合ったカラーリングなんじゃないかと個人的には思っています。

記:2011/06/16(from「趣味?ジャズと子育てです」)



 - 創作 , ,