音版「カフェモンマルトル」(YouTube)もやっています♪

YMO『OMIYAGE』の表紙写真

YMO『OMIYAGE』の表紙写真

後期のYMOと仕事をしていたことがあるという方からいただいた紙焼き。

時期的には、最高傑作『BGM』の頃ですね。

フォトブック『OMIYAGE』の表紙用の写真なのでしょう。

う~む、カッコええ。
カッコ良すぎる3人。

写真集の『OMIYAGE』も穴が開くほど読みまくった(眺めまくった)ものです。

この写真が撮られた頃の私は小学校6年生。

横浜銀蠅の《ツッパリ・ハイ・スクール・ロックン・ロール》や、田原俊彦、松田聖子の歌謡曲が流れまくる中、これらの音楽に耳を塞ぎ(ほんと、気が狂いそうだった)、イエロー・マジック・オーケストラの音に浸りまくっていた時期ですね。

中学1年生の時は新しく発売された『BGM』を聴きまくりながら、さらに同年の年末に発売された『テクノデリック』にも耽溺しまくっていた。

この時に築き上げられた感性は、もう「三つ子の魂百まで」状態で、その後、様々な音楽に接してはいるけれども、心の根底に流れているのは、アンニュイな『BGM』のトーンと、乾いた『テクノデリック』のアタックの強い音だったりするのです。

記:2013/12/04

関連記事

>>YMOが感性の扉を開いてくれた。
>>YMO『BGM』の《千のナイフ》、坂本龍一のシンセソロがカッコいい
>>エコーかけまくりの音よりも、音圧の高いサウンドが好きだ。

音楽カテゴリの最新記事