音版「カフェモンマルトル」(YouTube)もやっています♪

YouTube 投稿動画数300突破!

YouTube 投稿動画数300突破!

300本アップしてもまったく上達の実感なし

気がつけばYouTubeへの投稿動画数が300本を突破していました。

昨年の年末から現在のチャンネルに投稿を始めたので、だいたい20週間くらいの間に300本をアップしたことになるので、われながらかなりのハイペースだと思っています。

「そんなにたくさんアップしたっけ?」と思うと同時に、「まだまだたった300か」という思いもあります。
なぜなら、自分の中で、すごく努力して頑張って、この数にようやくたどり着いたという実感は皆無だから。

よく、何かを習得するための節目となる数として「100」という数字が出てきますが、私としては「100」という数は、少ないような気がします。

やはり「千本ノック」とか、「千人斬り」などと言われるように、取り組んでいることに対して少しは上達したかもしれないという実感を得るためには、少なくとも「1000」という数字は必要なのではないかと思っています。

もっとも、最初は100本もアップをすれば、かなりYouTubeに慣れるだろうとタカをくくっていたんですよ。トークの技術や、iMovieの編集スキルも自然にアップするだろうと思っていた。
ところが、まだまだぜんぜんなのです。

まだまだ手探り状態。
少しずつ改良や工夫は重ねているつもりですし、まあほんの少しは作業効率もあがってはきているように感じますが、進歩、進化しているという実感はありません。

まだまだ、まだまだです。
道のりはまだまだ遠い。

時間はかかるが、続けます

そもそも、なぜYouTubeに関心を持ったのかというと、ブログを書くよりも喋ったほうが早いと考えたのですね。
どんどん喋ってユーチューブにアップしたほうが、ブログ書きに費やす時間よりも早くコンテンツを増やせそうだし、ラクそうに感じたのです。

ところが、たしかに喋るのはあっという間ですが、それを編集するのにけっこう時間がかかる。
トーク時間は、10分から15分、調子に乗って20分以上話していることもあるのですが、編集にかかる時間は、その3倍はかかります。

自分の中では動画をアップしているという自覚はあまりなく、ラジオ感覚で、おしゃべりにオマケ映像をつけることも出来るメディアと考えているので、映像にはまったく凝っていないんですが、それでも、話題に登場したアルバムのジャケ写や本の表紙などは、内容にシンクロするように挿入しているので、それに少々時間がかかります。

それと、こまごまとした「あの~」とか「その~」という口癖を間引く作業。
これが以外と時間がかかる。

私の場合、プレイバックするたびにちょっとイライラしてしまうのが、「あの~」と「この~」とか「なかなか」という言葉が非常に多い。
これらの言葉を発しながら次に話す内容を考えていることは分かるけれども、聴いているほうは「あの~」が連続すると、きっと聞いていてイライラすると思いますし、歯切れが悪く感じるでしょうから、カットできるところは出来るだけカットしています。
その作業が時間かかるんですね。

仮に15分話したとすると、画像を挿入する作業に10分、音声で余分な箇所をカットする時間が、だいたい話した時間の倍はかかるので30分。
さらに、アップロードする時間と、アップロード後にする作業(解説文の記述、タグ登録、サマリー画像のアップロード)も残っているので、最低でも1時間前後はかかってしまうんですね。

だったらブログ書いていたほうが早いじゃん、ってことにYouTubeを始めてから気がつきました。
だったら、YouTubeはやめて、ブログに戻る?
いや、今のところ、そのつもりはありません。

その理由は、最近のグーグルは、動画のほうが検索上位に出てきやすい傾向があるから。

驚いたのは、先日、柳沢きみおの『真夜中のジャズマン』をテーマにした喋りをYouTubeにアップしたのですが、アップして数時間後、ためしにグーグルで「真夜中のジャズマン」と入力したら、YouTubeにアップしたサムネールの画像つきで、検索1ページ目に表示されていたこと(驚)。

それだけ、YouTubeだとグーグルの検索結果に表示されるのも早いんでしょうね。なにせYouTubeもGoogleですから。

そういうことを考えると、ブログで書いた記事をYouTubeで同内容のことを喋って、YouTubeからブログに導線を引くということも出来ますし、実際そうしています。

YouTube一本に絞るわけでもなく、ブログ一本にこだわるわけでもなく、この2つの良いところを連携させながら、しばらくは続けていこうと考えていますが、やっぱり今のところ、自分の意見発信のベースとなるのは、この「カフェモンマルトル」になるのかな、と。

そして、YouTubeは、この「カフェモンマルトル」にユーザーを引っ張ってくるための出張所であり、前線基地であるのだという認識でしばらくは、面倒くさくて時間のかかる編集をしながら、YouTubeに動画、というよりしゃべくりをアップしていきたいと考えています。

記:2019/05/23

YouTube

動画でも同じようなことを話しています。

よろしければどうぞ♪

YouTubeカテゴリの最新記事